1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

2人の赤ちゃんが死亡した後、ターゲットは20万枚以上の加重毛布をリコール、赤ちゃんは製品に「閉じ込められる」可能性がある

ターゲティング 彼は覚えています 米国消費者製品安全委員会によると、2 人の赤ちゃんがブランケットの殻に「閉じ込められて」死亡した後、約 204,000 枚のピロートップ ブランケットが死亡しました。

a 通話情報ページ 米国消費者製品安全委員会のウェブサイトでは、ノースカロライナ州キャンプ・ルジューンで 4 歳と 6 歳の少女が「加重ブランケットのボンネットにはまり」、4 月に窒息死したと報告されています。 2022年。

委員会によると、ターゲットは合計で「これらの重い毛布に子供たちが閉じ込められているという4つの報告」を受けており、そのうち2人は死亡した.

米国消費者製品安全委員会によると、ターゲットは毛布のカバーに「閉じ込められた」後に2人の子供が死亡した後、約204,000枚の枕カバー毛布を回収しています. (米国消費者製品安全委員会/フォックスニュース)

委員会は、子供たちが「毛布を解凍して挿入することで閉じ込められる」可能性があると述べています.

サムスンは、火災の危険性があるため、663,000台を超えるトップロード洗濯機をリコールしています

ターゲティング

対象ショッピングカート (iStock/iStock)

目標は、購入した顧客に尋ねることです 製品 加重ブランケットの使用を中止し、店舗に連絡して払い戻しを受けてください。

ここをクリックして、外出先でFOXアクションを入手してください

ターゲット加重ブランケット

米国消費者製品安全委員会のウェブサイトのリコール情報ページには、ノースカロライナ州キャンプ・ルジューンで 4 歳と 6 歳の少女が「加重毛布に閉じ込められ」、その後死亡したと記載されています。 s (米国消費者製品安全委員会/フォックスニュース)

ブランケットは、2018 年 12 月から 2022 年 9 月までの間、Target で 40 ドルで独占販売されます。

ターゲットの広報担当者はFOXに、「愛する人を亡くした家族に心からのお悔やみとサポートを伝えます。状況を認識した後、コレクションから毛布を取り除き、これらのアイテムをすべて販売から撤回するために迅速に行動しました」と語った.仕事。 「消費者製品安全委員会および製品メーカーと協力して、完全な製品リコールを開始し、消費者に警告するよう努めています。ゲストがこれらの製品のいずれかを所有している場合、彼らはすぐにそれらの使用を中止し、返品する必要があります.全額返金を目指します。」

READ  カンタス航空がシドニーからニューヨーク、ロンドンへの直行便の計画を発表| カンタス