5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

13年続いたNAVERのLINEメッセンジャーの経営が日本に引き継がれる可能性

日本におけるLine Messengerのプロモーション素材。  Naver は韓国に拠点を置いていますが、このアプリは歴史的に韓国で人気がありました。
日本におけるLine Messengerのプロモーション素材。 Naver は韓国に拠点を置いていますが、このアプリは歴史的に韓国で人気がありました。


過去13年間で世界的なメッセージングサービスに成長したLINEのネイバーの経営権が、日本政府の圧力により日本に引き継がれる可能性がある。 この規制が変更されれば、ネイバーは日本、台湾、タイの2億人のユーザー市場を失う可能性があり、政府の介入を求める声が高まっている。


4月25日、日本の共同通信など日本のメディアは、ソフトバンクがLINE運営会社LINE Yahooの仲介会社であるネイバーからAホールディングスの株式を取得する交渉を行っていると報じた。


共同通信は、ソフトバンクが「LINEヤフーの抜本的改革に向けて一定割合の株式取得」を目指しており、5月9日の決算発表で議論を加速させる意向だと指摘した。 LINEはヤフーの大株主。


ソフトバンクが株式を追加取得すれば、ネイバーは経営権を失う可能性がある。


NAVER は 13 年前に日本でサービスを開始し、月間 9,600 万人のユーザーを抱える人気のメッセージング サービスに成長しました。 台湾やタイでも圧倒的な市場シェアを誇っています。


しかし、総務省は4月5日、LINEヤフーがコンピューター業務をネイバーに大きく依存しており、サイバーセキュリティー対策が不十分だったとして行政指導を行った。 指令は状況を改善するために「ネイバーとの資本関係の見直し」を求めた。 LINEヤフーはその後「再発防止策に関する報告書」を提出したが、同省は対応が不十分だったとして4月16日に再度指導した。 同省は2度目の大統領令で「資本関係の見直し」など防衛管理策の迅速な推進を求めた。


法的拘束力はありませんが、業界の専門家は、この行政指導を無視すべきではないと推奨しています。 韓国政府も貿易紛争の可能性を考慮して状況を注視している。 科学情報通信部の関係者は「ネイバーが株式売却に頑なに反対すれば、貿易紛争が起きる可能性がある」と指摘した。 その場合、科学技術情報化部、外交部、産業資源部が共同で行動することになる。

READ  日本の旅客eVTOL - DRONELIFE