3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

1か月で65人が殺害されたことを受け、米国は観光客にこの島国への「旅行を再考する」よう警告している

1か月で65人が殺害されたことを受け、米国は観光客にこの島国への「旅行を再考する」よう警告している

米国国務省が安全保障上の警告を発した1か月で65人が殺害されたジャマイカへの「渡航を再検討する」よう国民に呼び掛けた。

外務省によると「旅行を再考せよ」という最新の警告は、犯罪率の高さと医療サービスの不足を理由に発せられている。

犯罪が蔓延しており、オールインクルーシブのリゾートに滞在する人さえ安全ではありません。

「住居侵入、武装強盗、性的暴行、殺人などの暴力犯罪が多発しています。オールインクルーシブのリゾートも含め、性的暴行は頻繁に発生しています。 これは、ジャマイカの米国大使館が発行した警告の中で述べられています。

「地元警察は重大な犯罪事件に効果的に対応しないことが多い。逮捕されても起訴されて最終的な判決が下されることはほとんどない」と大使館は警告を続けた。

ジャマイカにおける殺人件数の多さにより、この島国の殺人率は西半球で最も高い国の一つとなっている。

ジャマイカ警察によると2024年1月1日から27日までに少なくとも65人が殺害された。

米国当局が地域の治安不安について観光客に警告を発している島国はジャマイカだけではない。

米国国務省はバハマへの旅行者に警告を発し、犯罪のため「一層の注意を払う」よう勧告した。

私たちのジャーナリズムには皆様のご支援が必要です。 今すぐご登録ください NJ.com

キャサリン・ロドリゲスへの連絡先は次のとおりです。 krodriguez@njadvancemedia.com。 何かアドバイスはありますか? 教えてください nj.com/ヒント

READ  軍隊に参加してアメリカ人になろう: アンクル・サムはあなたを望んでいます、ヴー・アンド・トゥ