7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

高田賢三がパリに日本を再現

高田賢三がパリに日本を再現

その日のリスト

位置: バスティーユ、パリ

価格: 申請費用

ファッションデザイナーの高田賢三は、市内の流行に敏感なパステル地区にあるこのパリの邸宅に、日本のミニマリズムと禅のような雰囲気を吹き込みました。

このモダンな物件は、伝統的な日本家屋と庭園を模倣して 1993 年に建設されました。 2020年に81歳で亡くなった故ファッションデザイナーの彼がこの物件を建設し、2018年に建築家の隈研吾氏を雇って直線的ですっきりしたラインと温かみのある木材を使って再設計した。 セーヌ川右岸の11区に位置しています。

広告 – スクロールして続行してください

「ケンゾー ハウスはパリで比類のない建物で、35 年前に高田賢三によって建てられ、建築家の隈研吾によって 21 世紀に向けて美しく改装されました。別世界です」と物件紹介エージェントのマリーエレーヌ ランドグリーン氏は語った。 2020 年の夏季オリンピックに向けて建設された国立東京競技場は、熊本で最も高い建物です。

さらに遠く:アンリ・マティスが長年住んでいたニースの自宅兼スタジオが248万ユーロで売りに出される

日本から来て亡くなるまでの数年間パリに住んでいた高田は、ケンゾーハウスを自分の家を思い出させるように設計しました。 中庭を囲み、屋外と調和した屋内スペースがあり、静けさを感じさせます。

Kuma の再設計では、元の形状を補完するために、直線的な形状の新しい木材仕上げが導入されました。 4 階建ての客室と寝室が庭園に面して配置されており、屋根付きの屋上テラスもあります。 メインのリビングスペースは、梁とケーブル天井、そしてフレンチオーク材のルーバー壁の仕切りを備えた印象的なスプリットレベルのスペースです。 全体的な効果は木製のカーテンを彷彿とさせます。

軽くて高品質な素材と木の職人技がふんだんに使われています。 ギャラリーのある書斎と、磨かれた大理石のバックスプラッシュを備えたキッチンを備えた 2 倍の高さのスペースがあります。 それは どこかで木の格子で囲まれた伝統的な屋外の歩道と、畳、障子、縁側のある伝統的な茶室。

マンション グローバル ブティック: マンション グローバル ホストのカトリーナ キャンピンズによるガイド

ケンゾーハウスの室内空間は何よりも、日本の伝統的な静かな鯉や桜など、日本の風景の平和と静けさを反映した美しい庭園を求めています。 家の外観は杉の屋根板、チーク材、粘土で覆われており、質感と暖かさを加えています。

統計

広さ13,778平方フィートの4階建てのこの物件には、ベッドルーム4室、バスルーム6室、庭に面した和室が1室あります。

設備

この家には、桜やカエデの木、ジュニパー、地衣類、苔、岩などがある本格的な日本庭園があり、日本の風景の平和と静けさを反映しています。 屋外シーティングエリアと庭園を見渡す日陰のある上部テラスも付いています。

すべてのベッドルームには専用バスルームとドレッシングルームが付いています。 応接室が 2 つ、ダイニング ルームが 2 つ、キッチンが 2 つあります。 エレベーターやワインセラーも完備。 スタッフ用の設備の整ったワンルーム アパートメントが 3 室と、専用駐車スペースが 2 台あります。

有名人の名声

高田氏は 1940 年に日本で生まれ、1964 年にパリに移住し、そこで自身の名を冠した衣料品ブランドを設立しました。 彼は 1970 年代にいくつかの特徴的なシルエットを作成し、カラフルでルーズなレイヤーで知られています。

近所のメモ

この施設は、おいしいレストラン、おしゃれなコーヒーショップ、その名を冠した青空市場で知られる 11 区のバスティーユ広場の近くにあります。

エージェント: Marie-Hélène Lundgreen、Belles demeures de France、Christie’s International Real Estate の子会社

元のリストを参照してください。

その日のリストを書く

READ  ドワイト・ラモスが日本Bリーグ通算1000得点を達成