7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

香港からの初の登山者が日本の富士山登山シーズン中に死亡

香港からの初の登山者が日本の富士山登山シーズン中に死亡

香港出身の男性が日本の富士山に登ろうとして死亡し、今シーズンの登山シーズンに記録に残る初めての死亡者となった。

ローレンス・ウォンさん(58)は月曜日、妻とともに人気の吉田ルートの五合目から登山を開始し、午後8時半ごろ標高3,100メートルの山小屋に到着した。 香港自由報道局。

香港貿易産業省の職員が山梨県の8合目で気を失った。 安定した。

登山仲間が駅員に通報したところ、すぐに近くの医療センターに運ばれ、医師が死亡を宣告した。

死因はまだ公表されていないが、日本の警察はNHKに対し、男性に外傷はなかったと語った。 入国管理局は支援要請の受領を確認し、在日中国大使館と連絡を取っている。

同省は公務員の家族への支援やカウンセリングを提供している。

ウォンさんの死亡は、7月1日に夏の登山シーズンが始まって以来初めてとなった。

日本一高い山である富士山は、一年のほとんどが閉山となっています。 7月から9月中旬までの2ヶ月半の間、登山者に開放されています。

これは、登山家がオフシーズン中に頂上を目指すことを妨げるものではありません。 6月下旬、まだ登山道が閉鎖されている間に登山者4人が登山後に死亡した。

山岳ガイドの武川俊二氏はNHKで富士山登山の難しさを説明し、「冬の富士山は、日本の冬季に登るのが最も難しい山の一つに分類される。条件は非常に厳しいので、ある程度の登山経験がある人でも登ることができない」と語った。山は冬には耐えられません。6月でもまだ雪が残っているので、登山者は冬でも状況が変わらないことを知っておく必要があります。

READ  イギリス人デザイナーはいかにして日本人向けのトイレを作ったか