4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

韓国、北朝鮮の人工衛星打ち上げ失敗に使用されたミサイルの一部を回収

韓国、北朝鮮の人工衛星打ち上げ失敗に使用されたミサイルの一部を回収

[ソウル(ロイター)] – 韓国の合同参謀本部は金曜日、北朝鮮が先月失敗した初の軍事衛星の打ち上げに使用されたミサイルの海軍部分を回収したと発表した。

この発表は、北朝鮮が初の偵察衛星の打ち上げを試みて失敗し、ブースターとペイロードが海上に押し出されてから約2週間後に行われた。

残骸は木曜夜、西海岸沖の海面下約75メートル(246フィート)の海底から回収されたと軍は発表し、北朝鮮が宇宙打ち上げロケットと表現したものからさらなる物体の捜索が続いていると付け加えた。

韓国は打ち上げ直後からデブリの回収を開始し、すでに小型部品を回収している。 しかし、強い潮流と視界不良のせいで作戦は難航し、軍は船10隻と数十人の深海ダイバーを派遣することになった。

統合参謀本部が公開した写真には、韓国語で翼のある馬を意味する「チュンマ」と書かれた大きな円筒形の物体が写っていた。 北朝鮮は、ミサイルの名前は千里馬1号だと発表した。

同省は声明で「回収された物体は米国と協力して慎重に分析されることになる」と述べた。

韓国のイ・ジョンソプ国防相は、破片はミサイルの第2段とみられると述べ、軍は搭載物と第3段の捜索を続けると述べた。

韓国科学技術政策研究所の名誉研究員イ・チュンギュン氏は、新たに回収された物体は燃料タンクとみられると述べた。

同氏は、軍が戦車に取り付けられたエンジンを発見すれば、高高度でより大きな推力を生み出すように設計された北朝鮮の新型ミサイルエンジンのいくつかの特徴を解明するのに役立つ可能性があると述べた。

韓国航空大学のチャン・ヨンギュン教授は、この残骸は北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)能力に関する技術進歩や、制裁違反の可能性のある部品を海外で購入したかどうかについてのヒントも提供するだろうと述べた。 。

「これは重要なデータだ」と張氏は語った。

韓国は、北朝鮮のミサイルが落下した海域で中国の軍艦も救助活動を行ったと発表したが、中国軍が捜索を続けているかどうかは現時点では明らかではない。

韓国と米国は発射を非難し、挑発であり、北朝鮮による弾道ミサイル技術の使用を禁止する国連安全保障理事会決議への違反であると主張した。

北朝鮮は、米国の「侵略」に対抗するために宇宙開発の権利を行使していると述べ、近く新たなミサイルを発射すると明言した。

韓国海軍は、ミサイル誘導潜水艦ミシガンが金曜日、北朝鮮の脅威への対応改善を目的とした共同特別戦争ゲームを実施するため、2017年以来初めて韓国に到着したと発表した。

潜水艦の派遣は、木曜日に東海岸沖で短距離ミサイル2発を発射し、韓国と米国の軍事演習への「不可避の」対応を警告した北朝鮮に対する武力の誇示とみなされた。

(チェ・スヒャン記者) 追加取材:シン・ヒョンヒ、パク・ジュミン 編集:エド・デイヴィス、ジェリー・ドイル

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  バンクシーのアートワークがウクライナの破壊された建物に現れる | バンクシー