7月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

近くの完成した日本コンドミニアムが富士山を取り壊す予定

近くの完成した日本コンドミニアムが富士山を取り壊す予定

日本の不動産開発会社は、富士山の眺めを妨げるとして近隣住民らの反対を受け、東京の10階建て集合住宅全体を取り壊すことを決定した。

積水ハウスは火曜日遅くの声明で「プロジェクトの中止を自主的に決定した」と発表した。

「現状が景観に大きな影響を与えていることは否定できない。道路からの景観を優先することにした」としている。

最近建設されたこの集合住宅は、富士見通りと呼ばれる道路の終点から空にそびえる日本最高峰の美しい景色で有名な東京西部の一部にある。

しかし、背の高い新しいブロックは雄大な活火山の半分を遮るため、この効果を台無しにします。

広告 – スクロールして続行してください


街並みを自慢する住民らの反対にもかかわらず建設は進み、来月には東京・国立地区のマンションにテナントが入居する予定だった。

そして、衝撃的な動きとして、開発業者の積水ハウスは最近、この複合施設を取り壊すことを発表した。

積水ハウスは火曜日、建設過程に違法性はなかったが、「富士山の遠景を考慮するだけでは十分ではない」と述べた。

広告 – スクロールして続行してください


一部の住民にとって、この決定は歓迎すべきニュースだ。

ある地元放送局はTBSに対し、「晴れた日には富士山がはっきりと見えるこの街の魅力を失いたくない」と語った。

一年のほとんどが雪に覆われているが、夏には数十万人の登山者が訪れる富士山の景観をめぐる最近の火種は、今回の惨事だけではない。

広告 – スクロールして続行してください


最もカジュアルで時には行儀の悪い観光客さえも、インスタグラムにぴったりの 3,776 メートル (12,388 フィート) 山頂の写真を撮ろうと周囲に集まり、地元民の忍耐力を試します。

怒った日本の都市は先月、観光客の喫煙を思いとどまらせようとして、大きな黒い障壁で意図的に富士山の眺めを遮るという異例の措置を講じた。

tmo/kaf/mtp

READ  北陸アーチパスで日本の新ゴールデンルートのあまり人が行かない道をたどる