1月 31, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

輸出品質のサッカー選手のために作られた日本製 | サッカーニュース

森山吉郎は、翻訳が質問を理解するのを待ってから、微笑んだ。 2017 U-17 ワールドカップのラウンド 16 であるイングランドとの試合に先立って、日本の U-17 コーチは、この国の青少年育成プログラムについて尋ねられたとき、「今後数日間、それについて話すことができる」と語った。 日本はPK戦で敗れましたが、それ以来、久保建英は2022年ワールドカップのメンバーに選ばれました。

ドイツに見事な勝利を収めてキャンペーンを開始したチームは、2 人の世界チャンピオンを含むグループからラウンド 16 のスポットを獲得できることを知って、日曜日にコスタリカと対戦します。

また読む | レヴァンドフスキが 2-0 で勝利し、サウジアラビアにペナルティを与えた

種倉里美は、森山は今でもU-17のナショナルコーチを務めていると語った。 種倉は控えめな口調で、森山が試合前のメディアとのやり取りよりも時間がかかると言ったことを要約した.

「J リーグの各クラブには、独自のアカデミーがあります」と、日本サッカー協会 (JFA) のメディア グループの一員である種倉は述べました。 「12歳未満でユースプログラムを開始するクラブもあれば、15歳未満で開始するクラブもあるが、Jリーグ1、2のクラブでは16歳未満から本格的なチームを持つのが一般的だ」

種倉氏によると、最年少の代表チームは 15 歳未満のグループで、21 歳未満のオリンピック チームまで毎年 5 つの年齢グループが編成されます。 U-17のヘッドコーチは彼の年齢グループのチームを担当しているが、もし来年アジアの年齢グループ予選があれば、彼はチームのコーチを任命するかもしれないと彼は言った.

彼は、サッカーの人気は、Covid-19までのJリーグの出席によって測ることができると述べた. 「これは、日本の多くの選手が引き続き海外に行くという事実にもかかわらずです。」 Statistaによると、Jリーグの年間入場者数は2011年の483万人から2019年には635万人に増加しています。

サッカーは日本では比較的新しいスポーツであると、1946年に創刊された日本で最初のスポーツ新聞である日研スポーツのチバ・ノブヒロ氏は語った. 「しかし、今では野球と同じように 1 位の座を占めています。 若者の間では、野球よりもサッカーが人気です。 「1993年にJリーグが始まって以来、私たちのサッカー文化はより大きくなりました」千葉は東京からのテキストメッセージで言った.

J リーグは 10 クラブで始まり、現在は J1、J2、J3 の 3 つのリーグに分かれ、18 チーム、2 番目が 22 チーム、3 番目が 18 チームです。

千葉が言及する「文化」は、日本のサッカー選手がヨーロッパに移動する条件を作り出しました。 1979年にミッドフィールダーの奥寺康彦から始まったものは激流に変わった。

サッカーウェイのウェブサイトによると、ジャパン・アーセナルには富安武郎と三苫香郎を含む 5 人の選手がイングランドにいて、どちらもワールドカップのためにここに来ています。 スペインでは 31 試合、ラ リーガでは久保のみ、ドイツでは 54 試合、ブンデスリーガでは 10 試合、ドイツ戦では 10 試合、利根律と浅野拓磨選手、フランスでは 7 試合、リーグ 1 では 3 試合、エールディビジでは 4 試合、すべてラ リーガでプレーしています。 オランダ。 アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、バングラデシュ、ベルギー、インド、インドネシアのリーグに日本のサッカー選手がいます。

アルゼンチン戦で先発したエルベ・レナードは、いつの日かサウジアラビアも選手をより強いリーグに送り出すことを望んでいると語った。 日本は彼が言及した国の一つでした。

しかし、サッカーは「比較的新しいので、私たちは世界レベルで勝った経験がありません。この勝利はその 1 つになるでしょう」と千葉氏は語った。日本のほとんどの人は、ドイツに勝てるとは思っていなかったと彼は語った。嬉しい驚きでした。 これで、ブルーサムライをさらに誇りに思うことができます.

日本のモリアス・ハジメ・ヘッドコーチは土曜、ドイツ戦の勝利は「素晴らしい」ものだったが、「明日の勝利を保証するものではない」と語った. 「過去の成果は忘れなければならない。今は自己満足している時ではない。」


READ  米中関係を見据えて、日本の大学は外国人を選別している