11月 27, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

認知症予防の大きな進歩

すでに世界最古の社会である日本では、人口の高齢化が進み続けており、高齢者の 4 人に 1 人が認知症に苦しむ時代に突入する可能性が懸念されています。 この状態を治す薬は見つかっていませんが、医学研究者の谷口優は、歩くこと、特に長い歩幅で歩くことで、その発症を遅らせたり、予防したりすることができることを発見しました.

認知症と歩幅

インタビュアー 認知症と歩行の関係を最初に作ったのは何ですか?

谷口葉 日本の認知症患者数は年々増加しています。 高リスク群に MCI または軽度認知障害のある人が含まれる場合、この状態は高齢者の 4 分の 1 に影響します。 どんな人が認知症を発症するのか興味がありました。 食事、運動、社会的相互作用などのライフスタイル要因や遺伝的要因について国内外で調査したところ、身体活動が脚と腰の強さの重要な指標であることがわかりました。 高齢者の身体活動を実際に研究してきた長年の経験にもかかわらず、人の歩き方は認知機能と強い相関関係があることを直感的に感じました。

インタビュアー 低身長の人が認知症になりやすいのはなぜ? また、歩幅を大きくすることが認知症予防に効果的であるという結論に至った経緯を教えてください。

シングルスティック 私の最初の研究では、認知症は筋肉の消耗によって引き起こされると考えていました. 当時、私は筋肉と体の機能を組み合わせて考え、高齢者を筋肉の強さと脚と腰の硬さによって 4 つのカテゴリーに分類しました。 認知機能低下のリスクを比較すると、全体的な筋肉量とは関係なく、脚や腰が締まっていない方が高くなりました。

歩幅の安定性は歩行速度に基づいて評価できますが、この速度が認知機能にどのように影響するかを理解するために、歩幅とテンポの 2 つの要因を調べました。 その結果、テンポは認知機能に影響を与えませんでしたが、歩幅には明らかな影響がありました。 また、1,000 人以上の高齢者を対象とした繰り返しの研究で、進行が短い人は、進行が長い人に比べて認知症になるリスクが 3 倍高いことがわかりました。

認知症の発症や寿命の短縮に関連する脳内の異常現象が国内外の研究で明らかになりました。 脳震盪や脳卒中、脳性麻痺などの脳の変化が歩幅と脳機能の両方に影響を与えることに気づいたとき、歩幅が脳の状態を示しているのではないかと考え始めました。

歩行フォームを調整して歩幅を長くする

インタビュアー 認知症予防としての運動の有効性は、多くの研究者によって報告され、広く受け入れられている概念になっています。 長い散歩がとても有益なのはなぜだと思いますか。

シングルスティック 可動性が低下する主な原因の 1 つは、筋肉に到達する脳からの信号の有効性が低下することです。 歩行は、脳の多くの領域によって制御されています。

認知症、特にアルツハイマー病では、ニューロンの破壊と脱落が認知機能に影響を与えます。 しかし、ニューロンが破壊された場合でも、残りのニューロンは、脳機能を維持および修復できる新しい神経経路を形成します。 重度の認知症の人にとって、脳機能を正常なレベルに戻すことは難しいと考えられていますが、MCI の人にとっては可能です。 私たちは、運動がニューロンと神経機能の維持と修復に有益であることを知っています. 運動に加えて、脳の多くの領域を活性化するためにストレッチを意識的に行うことが期待できます。

インタビュアー 歩幅を大きくする正しい方法を教えてください。

シングルスティック 進行するにつれて、コアが不安定になることがあります。 ストリークの長さを簡単に伸ばすには、2 つの点に注意してください。 まず、お尻の筋肉である臀部を引き締めます。 骨盤を正しい位置に傾け、背骨を伸ばし、股関節の可動域を広げます。 2点目は腕の振り方です。 意識的に手を後ろに引くことが重要です。 この二つを意識的に行えば、自然と上達します。

いくつかの研究の結果に基づいて、65センチメートルの長さを目指すべきです. これは、歩行者が横断するときに白線の幅を踏むことに相当します。 日本の標準的な横断歩道の幅は45cmで、足の長さ20cm以上を足すと歩幅は65cmを超えます。 つま先の先が白線と一直線になり、もう一方の足が白線を越えると、歩幅は 65 cm を超えます。 運動や買い物で外出するときは、横断歩道を渡るときに歩行距離を確認しますが、車には注意してください。 65cmでは大きすぎる場合は、意識的に歩幅を5cm長くしてみてください。


(©ピクスタ)

国内外での回答

インタビュアー 毎日どれくらい歩くべきですか?

シングルスティック 日本の厚生労働省は、「プラステン」を目標に健康増進のための身体活動ガイドラインを制定しました。 現在よりも 10 分多く運動することを奨励しています。 目標は、65 歳未満の成人は 1 日 60 分間、65 歳以上の成人は 40 分間運動することです。 また、年代別の歩数目標もわかりやすく提案。 65 歳から 74 歳までの場合、「初老」は 1 日 7,000 歩、75 歳以上の「後期高齢者」は 5,000 歩を歩く必要があります。 「プラス 10」の目標は、この歩数を約 1,000 歩増やします。

すでに十分な運動量と歩数を獲得している人には、運動強度を高めることをお勧めします。 歩行距離を意識的に伸ばすことは、運動強度を高める 1 つの方法です。 歩行速度を上げることも効果的です。 効果的な運動を維持するためのもう 1 つの方法は、早歩きと一定のペースでのウォーキングを組み合わせた「インターバル ウォーキング」です。

インタビュアー 講演の読者や参加者から、これまでにどのような反応がありましたか?

シングルスティック 私の作品が韓国語と中国語に翻訳されているのを見て、とてもうれしかったです。 私の作品をきっかけに、国内外で歩き方を見直すきっかけになったり、歩くことを意識することで姿勢が正されたり、膝や腰の痛みがなくなったという声もある印象です。 さらに他の人は、疲れずに歩くことを学んだと報告しています.

東京都老人総合研究所の研究員として、現在までに約60回の講演を行ってきました。 最近、ノルディック ウォーキングやその他のフィットネスを促進する組織で講演する機会があり、さまざまな状況で歩行距離を伸ばす方法を示すことができました。

2022年6月、NHKのテレビ番組で、ウォーキングをテーマに、認知症を心配する高齢者に自分自身の進歩を促進する方法についてのガイダンスを提供しました. 長い進行を伴う歩行を 1 か月行った後、参加者の約 70% が認知機能を維持または改善しました。 歩く距離を意識することで運動が楽しくなり、物忘れが少なくなったというご意見をいただきました。

インタビュアー 今後の海外展開についてはどのようにお考えですか。

シングルスティック 実際、私の研究は海外で初めて光を見ました。 大学院生だった2012年、アメリカで注目された老化と認知機能の関係について発表し、アメリカ老年学会から賞を受賞しました。 その後、私の研究成果は日本でも徐々に認知されていきました。 歩くことへの関心は国内外で高まっていると思いますので、今後は海外への普及に向けた研究や活動に取り組んでいきたいと考えています。

(日本語からの翻訳。バナー写真 © Pixta.)

READ  サザビーズは、日本最古のウイスキーを50万本でお届けする予定です。