7月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

英国は、停電による遅れの後、国境の電子ゲートの運用を再開したと発表

英国は、停電による遅れの後、国境の電子ゲートの運用を再開したと発表

ロンドン(ロイター) – 英国内務省は土曜日、全国的なシステム問題により大幅な遅れが生じていた自動国境管理ゲートが通常の運用に戻ったと発表した。

先にソーシャルメディアに投稿された写真には、ロンドンのヒースロー空港とガトウィック空港で数百人が長蛇の列を作る様子が写っており、列に並んで数時間待たなければならないことに不満を抱いた乗客らが不満を漏らしていた。

英内務省はツイッターで「国境システムの技術的障害が英国へのポータル到着に影響を与えたが、現在はすべての電子ゲートが通常通りに動作していることを確認できる」と述べた。

2023年3月23日、イギリス・ロンドンのヒースロー空港、ターミナル5の到着管制エリアにある標識。ロイター/トビー・メルヴィル

「影響を受けた乗客の忍耐と問題解決に尽力したスタッフに感謝します。」

英国を訪れる外国人の多くは、着陸時に国境警備官の診察を受ける必要があるが、英国、EU、米国の国民を含む他の人は、eゲートとして知られる自動ゲートを使用してパスポートをスキャンして入国することができる。

月曜日が春季銀行休暇、来週が半期休暇となる英国旅行の繁忙期に自動化ゲートの問題が発生したため、乗客全員が手動の検問所で手続きをしなければならないことになる。

英国の航空会社と空港は過去1年間、空港職員と国境警備隊員による個別のストライキや、昨年夏の人手不足による航空便のキャンセルなど、さらなる混乱に直面している。

(表紙)サチン・ラヴィクマールとカンジク・ゴーシュ著。 編集: Kelia Ozel と Jan Harvey

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  FTC、Microsoftによる690億ドルでのActivision Blizzard買収の差し止めを申請へ - Ars Technica