5月 25, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

英国のインフレ率は6.2%で数十年ぶりの高水準に達しました

英国のインフレ率は6.2%で数十年ぶりの高水準に達しました

英国リバプール-1月23日:英国が正式に不況に突入した日、買い物客は2009年1月23日に英国リバプールのリバプール市内中心部を歩きます。 本日発表された数字は、英国が2008年の2四半期連続でGDPを低下させた後、1990年代初頭以来初めて公式に不況に陥っていることを裏付けています。

クリストファーファーロング/ゲッティイメージズによる写真

ロンドン-英国のインフレ率は2月に年平均6.2%で、1992年3月以来の最高水準でした。これは、食料、燃料、エネルギーのコストの上昇が国の生活費の危機を悪化させ続けたためです。

2月のCPIの測定値は、リフィニティブが年率5.9%の数値でポーリングしたエコノミストの間で予想を上回っていました。それは5.5%で1月に30年の最高をスマートに超えました

月次ベースで、CPIインフレは0.8%であり、0.6%の上昇の予想を上回り、2009年以来1月から2月の間に最大の月間CPI上昇を記録しました。

The イングランド銀行 経済成長を阻害することなく暴走するインフレを抑制しているように見えるため、3回連続の金融政策会議で金利を引き上げ、借入コストを過去最低の0.1%から0.75%に引き上げました。

The 金融政策委員会はより悲観的な口調を出しました 先週の市場予想よりも、以下の商品の価格が急騰する中、家計所得への圧力が浮き彫りになりました。 ロシアのウクライナ侵攻。 政策立案者は現在、インフレが2022年の第2四半期に8%でピークに達すると予想しています。

国家統計局が推奨する指標である地主の住宅費を含む消費者物価指数(CPIH)は、2022年2月までの12か月間で5.5%上昇し、1月までの12か月間の4.9%から上昇しました。

「2022年2月の12か月のCPIにおけるインフレへの最大の増加した貢献は、住宅および家計サービス(主に電気、ガスおよびその他の燃料、および所有者の住宅費から1.39パーセントポイント)および輸送(主に1.26パーセントポイント)によるものでした。 。自動車燃料と中古車」と国家統計局は水曜日の報告書で説明した。

春の声明

英国のリシ・スナック財務相は、水曜日の後半に春の声明を発表する際に、生活費の危機に取り組むよう圧力をかけられています。

多くの労働者の国民保険(利益税)の計画された10%の引き上げは、4月に始まりました。同時に、英国のエネルギー価格の上限は、石油とガスのコストの上昇に対応するために54%上昇し、家計所得への圧力を悪化させています。傾向は続いています。消費者価格は北にあり、ウクライナでのロシアの戦争は衰える兆しをほとんど見せていません。

「今朝のインフレデータは、状況がいかに悲惨なものであるかを示しており、賃金が急速に飲み込まれているため、多くの人々が経済的困難に陥るのを防ぐために政府が支援する必要があることは明らかです」と、QuilterのポートフォリオマネージャーであるPaulCraigは述べています。 投資家。

「先進国の市場と経済は、ウクライナに対するロシアの戦争を取り巻く不確実性とともに高インフレと戦い続けています。敏感な市場環境を考えると、投資家はデータと市場を注意深く監視し、それに応じてカスタマイズする必要があります。」

BRI WealthManagementの最高投資責任者であるDanBoardman-Westonは、燃料費は依然として英国のインフレに大きく貢献しているものの、全体的な金利への貢献の重みは鈍化しているようだと述べました。

「データは、インフレ率がさらに数か月上昇することを示し続けていますが、夏に向けてこれが緩和されると予想しています。労働市場と一般経済の力強さを考えると、イングランドが引き続き下落することは避けられないようです。さらなるインフレの道」と述べた。

「家計の請求額が高く、税金が高い時期に金利が上昇すると、消費者に深刻なストレスがかかるため、景気回復が抑制される可能性があります。世銀は、景気を後退させずに、インフレを抑える必要性のバランスを慎重にとる必要があります。 」

READ  シェルは「ロシア原油を購入するのは難しい」決定を下し、可能な限り「他の場所で購入することを約束する」