7月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

自動車メーカーが米国や中国を上回る中、日本はスマートカーに注力している

自動車メーカーが米国や中国を上回る中、日本はスマートカーに注力している

(6月21日):日本は自動車メーカーに対し、クラウド技術でセキュリティやエンターテインメントシステムを管理できるスマートカーを開発してもらう取り組みを強化している。

世界販売台数が3,500万台から4,100万台に達すると推定される2030年までに、政府は日本企業がいわゆるソフトウェア・デファインド・ビークル(SDV)市場で30%のシェアを獲得するという目標を設定している。 経済産業省は、ITエンジニアなどの人材を育成するための再教育コースを立ち上げるために資金を提供し、大学と提携すると発表した。

日本車には運転支援技術や地図ナビゲーション機能が搭載されていますが、それ以上の高度な機能はありません。 自動車業界のビジネスモデルが進化する中、政府は企業がデータを共有し、アフターサービスから利益を得られるエコシステムの構築を目指している。

例えば、ロボタクシーサービスによる世界の収益は、2035年までに80兆円(5,030億米ドルまたは2兆3,700億リンギット)に増加すると推定されており、同省によると、その80%は車両販売以外のサービスによるものとなる。

伊藤健氏は「これらの事業の利益のほとんどは新車の販売から得られるものではなく、ビジネスモデルが変わり、車の販売後にさらに多くの利益が得られると予想している」と述べた。 同省モビリティデジタルトランスフォーメーション室ディレクター。

日本の自動車メーカーでは、日産自動車がタクシー運転手不足に対処するため、自動運転車の相乗りサービスを2027年に開始する予定だ。 ホンダは、早ければ2026年にも東京中心部にロボタクシーを配備するという当初計画を撤回し、10年末までに自動運転タクシーサービスを開始することを目指している。

先月、日本の自動車産業の競争力向上を目的に、自動車・電池サプライチェーンにおける企業間での安心・安全なデータ流通を実現するプラットフォーム「株式会社日本自動車・電池トレーサビリティセンター協会」が設立された。

READ  日銀はインフレ予測を2%の目標に引き上げることを検討している