5月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

置物-日本の宮原は24歳の誕生日に引退を発表



フィギュアスケート-フィギュアスケートのISUグランプリ-グランプリディタリア-イタリア、トリノ、トリノパラベラ-2021年11月6日宮原聡子ロイター/チロデルカ/女性のフリースケートでの日本のファイル写真

(ロイター)-2015年世界選手権で銀メダルを獲得した日本のフィギュアスケート選手宮原貞子は、24歳の誕生日の土曜日に引退を発表した。

2018年世界選手権で銅メダルを獲得した宮原は、昨年の全国選手権で「大きな成果」を実現し、総合5位で引退を決意した。

ミアハラはインスタグラムに次のように書いています。「最後の国以来、私は自分の人生について多くのことを考えてきました。

「私は(特に今年は)すべてのエネルギーと気分をフィギュアスケートに捧げました。」

宮原は、アイススケートの写真と「ありがとう」というメモを添えて、Instagramに発表を投稿しました。

「次の段階にはたくさんの夢があります」と彼は付け加えました。

宮原は平壌で開催された2018年冬季オリンピックの女子シングルで4位に終わった。

(バンガロールのマナシメダルレポート;エドマンドクレマン編集)

(C)特許トムソンロイター2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター
日本
オリンピック
アジア
東アジア
ヨーロッパ

READ  日本の投資会社が「ポイズンピル」保護に圧力をかける