11月 29, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米国は日本のサイトでCOVID-19感染の管理を強化しています

5月21日、東京近郊のプサにある横田米空軍基地でのコロナウイルス発生(COVID-19)中の軍事演習中に、保護マスクを着用した米軍兵士がC-130輸送機の前で見られました。 2020.ロイター/加藤一世

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

東京、1月6日(ロイター)-日本の米軍基地は木曜日にCOVID-19の取り締まりを開始し、新たな流行の拡大について深刻な懸念を提起し、米軍要員の移動の制限を求めた。

日本は、せいぜい数ヶ月で、いくつかの場所でいわゆるコロナウイルス感染の第6波に直面しています。 当局者は、オミグロンの変種を広めたとして米軍を非難した。

米軍は、米軍の施設やCOVID-19の症例が日本全体で増加しているため、米軍は基地の外でマスクを着用し、厳格なテストを含むより厳格な緩和策を確立する必要があると述べています。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

「私たちが確立した緩和策は、私たちの軍隊の準備、私たちの家族の幸福、そして私たちの日本人の健康を保護することを目的としています」と軍は声明で述べた。

「私たちは、コミュニティを安全に保つために私たち全員が果たすべき役割があることを認識しています。」

日本には10万人以上の米国のサービスメンバー、関連会社、請負業者がいます。

以前、松野博康国務長官は、林芳正国務長官がアンソニー・ブリンゲン国務長官に米国の軍人を彼らのサイトから制限するように要請したと記者団に語った。

松野氏は、日本は米国のサイトでのCOVID感染について「深く懸念している」と述べた。

日本の米軍施設の70%を占める南部州は、日本の最新の訴訟の中心であり、木曜日に連邦政府に、いわゆる半緊急作戦に新たな制限を課すよう求めた。 レストランやバーの営業時間の制限が含まれています。

沖縄県知事の玉城デニー氏は、要請を発表し、木曜日の新規症例数は前日の623件から980件に増えると見込まれていると述べた。

玉城氏は今週記者団に、オミグランの亜種が一般に広まるのを許した米国のサイトでの適切な感染制御の欠如と彼が呼んだものに「憤慨した」と語った。

広島西部は、準緊急措置を模索していると発表した。 昨年9月30日まで、日本のほとんどの地域で緊急時の管理がさまざまなレベルで実施されていました。

世界保健機関が懸念の変種としてオミクロンを挙げた後、日本は11月下旬にほとんどすべての外国人旅行者の入国を停止した。

しかし、米軍は別のテストと孤立した体制の下で人員を出し入れしています。

日本西部の山口県にある米海兵隊の基地は、前日の182件から水曜日に115件の新たな事件を発見したと語った。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

ロッキースウィフトの声明; Raju Gopalakrishnan、RobertBrusselの編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  地主は危険なアダミ地滑りのために殺人罪で起訴されました