5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米国の鉄鋼協定を巡る意見の相違の中、バイデン氏は日本の岸田首相と会談する

米国の鉄鋼協定を巡る意見の相違の中、バイデン氏は日本の岸田首相と会談する

ワシントン(AFP)= 岸田文雄首相 待ちに待ったイベントが始まりました ワシントン訪問 火曜日には、太平洋における中国の挑発的な軍事行動に対する共通の懸念と、日本企業による米国の人気企業の買収計画をめぐって両国間で公の場で口論が起きる珍しい瞬間が注目を集めた。

岸田夫妻は水曜日の公式訪問に先立ち、火曜日の夜にホワイトハウスに立ち寄った。 州晩餐会 ジョー・バイデン大統領は数十年来の同盟国を祝おうとしているが、それがインド太平洋政策の基礎であると考えている。 岸田氏は、バイデン氏が2021年に就任して以来、公式晩餐会で栄誉を授けられた5人目の世界指導者となる。

二人は握手を交わし、ジル・バイデン大統領夫人は岸田氏の妻陽子氏を抱きしめた。 4人組は写真を撮り、敷地内を少し見学した後、高級シーフードレストラン「BlackSalt」で夕食をとった。

バイデン夫妻は、ペンシルベニア州の日系アメリカ人が経営する会社が手作りした三本脚のテーブルを首相に贈呈していた。 大統領はまた、岸田氏に特製額装のリトグラフとビリー・ジョエルのサイン入り2巻LPセットを贈った。 ジル・バイデン氏は岸田裕子選手にアメリカ女子代表チームと日本女子代表チームのサイン入りサッカーボールを贈った。

岸田氏は火曜日、ホワイトハウスを訪問する前にアーリントン国立墓地に献花し、米国商工会議所に立ち寄り、マイクロソフト副会長兼社長のブラッド・スミス氏と会談した。 水曜日、バイデン氏と岸田氏は会談を行い、共同記者会見に参加し、その後バイデン氏はイーストルームで公式夕食会で日本の指導者を迎える予定だ。

首相は木曜日の議会合同会議でも演説するよう招待された。 彼は遺体に対して演説する2人目の日本の指導者となる。 安倍晋三は2015年に議会で演説した。

この訪問は、バイデン氏が先月次のように発表した後に行われた。 彼はピッツバーグに本拠を置くUSスチールの売却計画に反対している これは、両首脳がパートナーシップの強化を目指しているときに、パートナーシップに顕著な亀裂があることを暴露したものだ。 バイデン氏は反対表明の際、米国は「米国の鉄鋼労働者に支えられた強い米国の鉄鋼会社を維持する」必要があると主張した。

バイデン氏の東京特使であるラーム・エマニュエル大使は月曜日、USスチール買収に対するバイデン氏の反対が両国関係に与える影響を軽視するよう求めた。 エマニュエル氏は、バイデン政権が2月、日本の三井物産の米国子会社に米国でクレーンを生産することで数十億ドルの収益をもたらす計画を承認したと指摘した。

「米国と日本との関係は、単一の通商協定よりも深く、強力で、より重要だ」と元シカゴ市長エマニュエル氏は、ワシントン戦略国際問題研究所での日本の駐ワシントン特使との共同出演で述べた。 。 「シカゴでよく言われているように、落ち着く必要があります。」

日本製鉄 同社は12月にUSスチールを現金141億ドルで買収する計画を発表し、この取引が労働組合に加入している労働者、サプライチェーン、米国の国家安全保障にどのような影響を与えるかについて懸念が高まっている。 山田茂雄駐ワシントン日本大使は、岸田氏が新日米鉄鋼のバイデン氏との合意を提起するかどうかについてコメントを控えた。

米国商工会議所の岸田氏は、米国による日本への投資、あるいはその逆の投資は「経済はより相互に結びつき、切り離せないものになるだろう」と述べた。 マイクロソフトのスミス副社長は、同社が日本でのクラウドコンピューティングと人工知能事業を拡大するため、今後2年間で日本に29億ドルを投資すると発表した。 マイクロソフトは日本政府と協力してサイバーセキュリティ能力の向上に努める。

「これは、私たちが支援するすべての日本企業にとって、また日本政府にとっても重要な投資であると考えています」とスミス氏は語った。

バイデン氏は、ロシアのウクライナ侵攻と壊滅的な危機の影響に直面しているにもかかわらず、外交政策を太平洋地域により重点的に置こうとしている。 イスラエル・ハマス戦争。 昨年、バイデンは岸田とペアを組んだ… 韓国の尹錫悦大統領 メリーランド州キャンプ・デービッドの大統領晩餐会で、 歴史的なサミット 困難な共通の歴史を持つ両国の指導者の間で。

バイデンはやった 尹氏の国賓訪問を光栄に思う 岸田氏の前任者である菅義偉首相は、岸田氏在任中初の外国首脳の直接訪問として今回を選んだ。

政権は日本のウクライナに対する強力な支援に満足した。 2022年2月のロシア侵攻以来、東京は日本と同様にキエフへの最大の援助国の一つとなっている。 昇った 中国の軍事侵略に対する懸念の中での国防支出。

山田氏は、岸田氏が議会に出席する際に日本のウクライナ支持を強調し、東欧の紛争がなぜ自国にとってそれほど重要なのかを説明するよう提案した。 バイデン氏は、ロシア撃退の一環としてキエフに追加で600億ドルを送金するという自身の呼びかけを支持するよう下院共和党議員を説得するのに苦戦している。

岸田氏は、ロシアに対する寛大な姿勢が中国を刺激していると指摘し、欧州での戦争が東アジアの紛争につながる可能性があると警告した。

「首相の信念は、今日のウクライナが明日の東アジアになり得るということだ」と山田氏は語った。

国防総省が月曜日、米国と英国が発表した。 オーストラリアは、オーストラリアに原子力・通常武装潜水艦を供給することを目的として2021年に発足したグループ「AUKUSパートナーシップ」に日本を含めることを検討していた。

中国政府は、この地域の分断を促進し、軍事衝突につながる可能性があるとして、AUKUS協定を非難している。 中国外務省は火曜日、日本に期待される新たな役割に反対を表明した。

岸田氏はバイデン氏との会談に出席するため、木曜日にワシントンを訪問する予定だ フィリピン大統領フェルディナンド・マルコス・ジュニア フィリピンと中国の関係は小競り合いによって繰り返し試されてきた 両国の沿岸警備隊の船 係争中の南シナ海で。

中国海警局の船舶も定期的に日本が支配する東シナ海の係争中の島々に接近している 台湾。 中国政府は、台湾は自国の領土の一部であり、必要であれば武力で統治すると主張している。

岸田外相は月曜、ワシントンへの出発前に「インド太平洋地域の平和と安定を維持し、法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序を守る上で、3カ国の協力は非常に重要だ」と述べた。

両首脳は、在日米軍の指揮系統を近代化する計画について話し合うとみられる。 日本には約5万4千人の米兵が駐留している。

ホワイトハウス国家安全保障担当補佐官ジェイク・サリバン氏は、国防に関する首脳らの発表により「我が国の軍隊を統合し、軍隊が最適な位置に配置され、志を同じくする他のパートナーと確実に連携できるよう、より一層の調整」が可能になると述べた。

岸田氏とバイデン氏も日本の参加を確認するとみられる。 NASAのアルテミスムーン計画 トヨタ自動車が開発した月面探査車への貢献に加え、日本人宇宙飛行士もミッションに参加した。 この探査車の費用は約20億ドルで、これまで米国以外のパートナーによるミッションへの貢献としては最も高価なものとなる。

___

AP通信の記者である東京の山口真理氏とワシントンのジョシュ・ボーク氏とディディ・タン氏がこの報告書に寄稿した。

READ  ウクライナのドローンビデオは、ロシア軍がAvdiivkaに向かって進むにつれて、犠牲者を厳しく見ています