7月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米中関係を見据えて、日本の大学は外国人を選別している

2016年7月20日、東京の東京大学の学生。 ロイター/花井徹

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

東京、5月23日(ロイター)-日本の大学は、中国のような場所での技術漏えいをある程度防ぎ、自国の安全保障のために、そして米国とヨーロッパの大学との交流を確保するために、より多くの外国人学生と学者を研究するよう求められています。

専門家によると、日本の弱いつながりは、留学生の頻繁な未チェックの受け入れによるものですが、多くの西側諸国は、厳しいスクリーニングや違反に対する罰金など、キャンパスでのスパイを防ぐための対策を講じています。

当局は、スパイの疑いで近年中国の学者を米国が逮捕したことは、日本への警告の呼びかけであると述べています。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

「世界中で、中国などの海外では輸出規制が厳しくなっている」と、大学がリスクの高い技術移転や学生を監視する方法を開発するのを支援している日本の商務省当局者は述べた。

関係者は、「日本の大学が安全保障と貿易管理について信頼され、米国やヨーロッパとの共同研究を継続できるようにしたいと考えている」と述べ、メディア。

サプライチェーンの混乱、知的財産の盗難、サイバー攻撃が弱まっている現在、経済的安全保障は世界的な政策立案者にとって最優先事項であり、外交協力の重要な部分となっています。

当局は、キャンペーンのきっかけとなった日本での特定の事件を指摘しなかったが、少なくとも大学が米国や他の西側のパートナーとの関係を維持できるように、日本はこの地域で進歩を遂げる必要があると述べた。

教育部門での監視を加速するための動きは、今月可決された新しい経済安全保障法案とともに、その輸出管理を拡大するための動きの一部です。 続きを読む

中国との欧米の緊張が高まる中、岸田文雄首相と米国のジョー・バイデン大統領は今週、東京の技術、サプライチェーン、その他の分野のより大きな統合を再構築することが期待されています。

「現実的かつ深刻な」リスク

今月施行される新しいガイドラインの下で、大学は、外国政府やセキュリティ関連機関に関連する個人など、関心のある個人に身元調査と旗艦を提供するよう求められています。

以前は、スクリーニングは機密情報や資料を海外に送信しようとする個人に限定されていました。

新しいスクリーニングは、移民ビザ手続きの上に追加のレイヤーとして設計されています。

たとえば、これまで、中国の学者は政府から助成金を受け、日本で高度なレーダー技術の博士号を取得する際にいくつかの障害に直面し、その後、軍事目的で研究を使用するために帰国しました。

同じ学者は、大学がより多くの利害関係を持っている米国で高リスクの候補者として拒否された可能性があります。彼らは、個人とともに、輸出制限の違反について責任を問われる可能性があります。

日本の米国大使館は、改訂されたガイドラインを歓迎すると述べた。 ロイターへの電子メールの中で、米国は日本とその大学が両国の「現実的で深刻な」研究安全保障の課題に対抗するのを助けるための新しい方法を探していると述べた。

高齢化社会における学生高齢者の減少に伴い、多くの日本の大学は空席を埋めることに熱心であり、外国人はライフラインを提供しています。

2020年には中国人学生が日本の279,597人の外国人大学生の44%を占めており、政府のデータによると、米国が日本の研究者にとって最良の目的地であり、2019年には中国がそれに続いた。

「インテリジェンスオペレーターではない」

しかし、新しいシステムがどれほど効果的であるかについては疑問があり、一部の学者は彼らがスパイではないと言います。

このプロセスは任意であり、外国人学生が州の助成金を受け取っているのか、セキュリティ関連の技術を扱いたいのかを判断するために、調査よりもわずかに依存しています。

ドーハ大学の輸出管理を監督する佐々木隆彦氏は、大学の職員から、外国政府機関に関連する学生や他の教師に許可なく機密技術を教えないようにとの書面による保証を受けていると述べた。

彼は、外国の教師と学生に日本の輸出管理規則を遵守するための誓約書を書面で提出するよう求めるという現在の方針に加えて、と述べた。

「私たちはインテリジェンスオペレーターではありません。バイオデータと学術記録をチェックすることは、大学としての私たちの仕事の大きさであるはずです。」

入国管理局は、過去に感度技術を変更できなかったことが知られています。

メディアは昨年、日本の諜報機関が、日本企業で極超音速ミサイルの技術を何年も研究した後、9人の中国人研究者が防衛部門で働くために帰国したことを知ったと報じた。

「大学はお金を必要としているので、留学生を受け入れているが、危機感が少ない大学もある」と、元貿易省の輸出管理担当官である細穂正彦氏は語った。

「彼らは中国人なしで機能する方法を見つける必要があります。」

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

朱民公園レポート; 金子ガウリによる追加報告; 曲の編集-ロン・キム、ロバート・ブラッセル

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  2020年東京オリンピックの野球の得点:米国が韓国を破ってメキシコを上回る