5月 18, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米中緊張のなかアジア安全保障サミットが開幕

米中緊張のなかアジア安全保障サミットが開幕

シンガポール(ロイター) – 米国と中国の間の競争の激化により、ハイレベルの演説、密室の軍事取引、微妙な外交が週末を支配すると予想される中、アジアの安全保障最高会議が金曜日に開幕した。

世界中から軍のトップ将校、外交官、兵器メーカー、安全保障アナリストが一堂に会するシャングリラ対話は、6月2日から4日までシンガポールで開催される。

オーストラリアのアンソニー・アルバニーズ首相は金曜夜に基調講演を行い、その後ロイド・オースティン米国防長官と中国の李長福新国防相が週末に2回の演説で激しい口論を交わす。

米国と中国の関係はここ数十年で最悪の状態にあり、台湾の主権からサイバースパイ活動、南シナ海の領土問題に至るまで、両国の超大国は依然としてあらゆる分野で深く意見が分かれている。

シンガポール首脳会談が米中関係修復の機会となるとの期待は先週、リー氏がオースティン氏との会談の申し出を断ったことで打撃を受けた。

米国はロシアからの武器購入を巡り、3月に中国の新国防相に任命された李氏を制裁した。

サミットではサイバーセキュリティに関する分科会が開催され、中米対話が短時間行われた。

アヴリル・ヘインズ米国家情報長官は、中国の周啓超上級大佐に人工知能に関連するサイバーセキュリティリスクに関する協力について尋ねた後、「中国と話し合うべきだ」と述べた。

オーストラリア

アルバニーズ氏の演説は、オーストラリアが3年間にわたる外交凍結と中国政府が緩和しつつある貿易ブロックを経て、中国との関係の安定化を目指す中で行われた。

中国はオーストラリアの貴重な鉄鉱石の大部分を購入しており、最大の貿易相手国となっている。

米国はオーストラリアにとって安全保障上の最大の同盟国であり、中国政府は3月に発表された米国原子力潜水艦購入協定を批判してきた。

オーストラリアは、AUKUSとして知られる米国および英国との広範な安全保障協定の一環として、潜水艦計画に30年間で3,680億豪ドル(2,500億ドル)を費やす予定である。

オーストラリアは、米国、英国、カナダ、ニュージーランドとともに、情報収集・共有ネットワーク「ファイブ・アイズ」の一員でもある。中国当局者らは、このグループは西側諸国の「冷戦意識」の一部であり、冷戦を封じ込めようとする取り組みだと主張している。上昇。

2022年5月の選挙以来、アルバニア労働党政権はASEAN諸国との緊密な関係を模索してきた。 オーストラリア国防大臣は、この地域で大国間の競争が続く中、同国は紛争を抑止し、太平洋島嶼国や東南アジア諸国を含むパートナーとの関与を深めることに重点を置いていると述べた。

(1 ドル = 1.4743 オーストラリア ドル)

(Joe Brock、Greg Torode、Kanupriya Kapoor、Shinjoy Kok、Chin Lin、Raju Gopalakrishnan によるレポート、Kirsty Needham による追加レポート、Jerry Doyle による編集)

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  南極のクルーズ船で「荒波」によりアメリカ人女性が死亡、4 人が負傷