6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

立憲民主党幹部、批判を受け募金パーティー中止

立憲民主党幹部、批判を受け募金パーティー中止

日本の立憲民主党(立憲民主党)幹部らは、予定されていた政治資金集めパーティーを中止するのは、そのような行為を法的に禁止する計画を巡り党の安定性に疑問を呈する与野党議員からの批判をかわすためであると明らかにした。

立憲民主党の岡田克也幹事長は月曜日に大阪府内で宴会を開催する予定だったが、土曜日に記者団に対し、通常の講演会に変更し、集まった資金は全額返還すると述べた。

岡田氏はパーティー中止の理由について「政治資金規正法改正案が国会で審議されており、非常に大事な時期。審議に悪影響を及ぼしたくない」と述べた。

与野党対決となる日曜の静岡県知事選にも言及した。

立憲民主党の大串博志選挙対策委員長も6月17日に東京でパーティーを予定していたが、中止を発表した。

後援会と相談した結果、パーティーを開催しないことにしました

立憲民主党は先週、2026年1月から議員の資金集めパーティーを禁止する法案を下院に提出した。

立憲民主党の泉健太代表は金曜の記者会見で、当面は募金パーティーの開催は容認されるとし、同党は「法案が発効するまでパーティーを禁止するつもりはない。暫定措置は明らかに必要だ」と述べた。

岡田氏は「政党化が間違っていると言うつもりはもうない」とし、「政治改革のプロセスがどのように解決されるかを見守った方がよい」と付け加えた。

ジャパンタイムズによる翻訳

READ  ズラトコ・ダリッチが日本に先立って語る:「これはモドリッチのクロアチアでの最後の試合ではない」