9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

福音映画10億円が興行収入を上回った

コミュニティ文化


東京、7月14日(新華)-日本の映画配給会社Toy Koによると、新作アニメ映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:3.0 + 1.01スリータイムズアポンアタイム」は興行収入100億円を突破した。

日立安野監督のこの映画は、月曜日の時点で655万人の視聴者を集め、10,015.82百万円を売り上げたとDoeは火曜日に語った。

この映画は、2007年に始まった「エヴァンゲリオン」の新しい劇場版の4番目で最後の映画です。

コロナウイルス感染による2回の遅延の後、3月8日にリリースされました。 映画は7月21日に公開される前に100億円以上を売り上げました。

『新世紀エヴァンゲリオン』は、1995年にテレビアニメ 『新世紀エヴァンゲリオン』としてスタートした。 シリーズがその不思議な進歩と予想外の結果で長年の評判を得たので、劇場版は生産されました。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

ジジプレス

READ  なる。 22横浜市長選挙の集中