5月 17, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

現代のダークエネルギーカメラによってキャプチャされた銀河バレエ

現代のダークエネルギーカメラによってキャプチャされた銀河バレエ

銀河のインタラクティブなペアNGC1512とNGC1510は、NSFのNOIRLabプログラムであるCerro TololoInter-AmericanObservatoryのVíctorM。Blanco4メートル望遠鏡の最新の広視野イメージャーであるDarkEnergyCameraからのこの画像の中心にあります。 。 NGC 1512は、4億年の間、その小さな銀河の隣人と融合する過程にあり、この長期的な相互作用は、星形成の波を引き起こし、両方の銀河を歪めました。 クレジット:Dark Energy Survey / DOE / FNAL / DECam / CTIO / NOIRLab / NSF / AURA、画像処理:TA Rector(アラスカ大学アンカレッジ校/ NSFのNOIRLab)、J。Miller(Gemini Observatory / NSFのNOIRLab)、M。De Martin (NSFのNOIRLab)

チリにあるNSFのNOIRLabにあるエネルギー省の資金提供によるダークエネルギーカメラは、重力双眼鏡を使って銀河のペアを撮影しています。

インタラクティブ銀河ペアNGC1512とNGC1510は、米国エネルギー省のダークエネルギーカメラからのこの画像の中心的な舞台です。これは、CerroToloInter-AmericanにあるVíctorM。Blanco4メートル望遠鏡の最新の570メガピクセルの広視野画像です。天文台、NSFNOIRLabのアフィリエイトプログラムです。 NGC 1512は、4億年の間、その小さな銀河系の隣人と合併する過程にあり、この長期的な相互作用は、星形成の波を引き起こしました。

この観測での棒渦巻銀河NGC1512(左)とその小さな銀河NGC 1510(記事の上部の画像)は、4メートルのビクターM.ブランコ望遠鏡によって撮影されました。 この画像は、NGC 1512の複雑な内部構造を明らかにすることに加えて、銀河のかすかな外側の巻きひげが伸びて、その小さな仲間を取り囲んでいるように見えることを示しています。 2つの銀河をつなぐ星空の流れは、それらの間の重力の相互作用の証拠です。これは、4億年続いた豪華で優雅なつながりです。 NGC1512とNGC1510の間の重力相互作用は、両方の銀河の星形成率に影響を与え、それらの形状を歪めています。 最後に、NGC1512とNGC1510は、単一のより大きな銀河に統合されます。これは、銀河の進化の長い例です。

ギャラクシーNGC1512ワイド

NGC 1512画像のより広いトリミングクレジット:Dark Energy Survey / DOE / FNAL / DECam / CTIO / NOIRLab / NSF / AURA、画像処理:TA Rector(University of Alaska Anchorage / NSF’s NOIRLab)、J。Miller(Gemini Observatory / NSF’s NOIRLab)、M。de Martin(NSFのNOIRLab)

これらの相互作用銀河は、南天半球のとけい座の方向に位置し、地球から約6000万光年離れています。 この観測の広い視野は、もつれた銀河だけでなく、それらの星空の周囲も示しています。 フレームは内側に明るいフロントスターでいっぱいです[{” attribute=””>Milky Way and is set against a backdrop of even more distant galaxies.

The image was taken with one of the highest-performance wide-field imaging instruments in the world, the Dark Energy Camera (DECam). This instrument is perched atop the Víctor M. Blanco 4-meter Telescope and its vantage point allows it to collect starlight reflected by the telescope’s 4-meter-wide (13-foot-wide) mirror, a massive, aluminum-coated, and precisely shaped piece of glass roughly the weight of a semi truck. After passing through the optical innards of DECam — including a corrective lens nearly a meter (3.3 feet) across — starlight is captured by a grid of 62 charge-coupled devices (CCDs). These CCDs are similar to the sensors found in ordinary digital cameras but are far more sensitive, and allow the instrument to create detailed images of faint astronomical objects such as NGC 1512 and NGC 1510.

Galaxy NGC 1512 Wider

An even wider crop of the NGC 1512 image. Credit: Dark Energy Survey/DOE/FNAL/DECam/CTIO/NOIRLab/NSF/AURA, Image processing: T.A. Rector (University of Alaska Anchorage/NSF’s NOIRLab), J. Miller (Gemini Observatory/NSF’s NOIRLab), M. Zamani & D. de Martin (NSF’s NOIRLab)

Large astronomical instruments such as DECam are custom-built masterpieces of optical engineering, requiring enormous effort from astronomers, engineers, and technicians before the first images can be captured. Funded by the US Department of Energy (DOE) with contributions from international partners, DECam was built and tested at DOE’s Fermilab, where scientists and engineers built a “telescope simulator” — a replica of the upper segments of the Víctor M. Blanco 4-meter Telescope — that allowed them to thoroughly test DECam before shipping it to Cerro Tololo in Chile.

DECamは、7か国の25の機関から400人以上の科学者が参加する6年間(2013〜2019年)の観測キャンペーンであるダークエネルギーサーベイ(DES)を実施するために作成されました。 この国際的な共同作業は、何億もの銀河をマッピングし、何千もの超新星を発見し、宇宙構造の微妙なパターンを発見することを目的としています。これらはすべて、宇宙の膨張を加速している神秘的なダークエネルギーについての切望されている詳細を提供します。 今日でも、DECamは、最先端の科学の遺産を継続するために、世界中の学者によってソフトウェアに使用されています。

READ  物理学者は、長続きする量子グローを探し始めました