5月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

独占:ウィズダム・ツリーのCIOが日本の「新しい企業文化」、バフェット流投資に強気な理由

独占:ウィズダム・ツリーのCIOが日本の「新しい企業文化」、バフェット流投資に強気な理由

Wisdom Treeの最高投資責任者 ジェレミー・シュワルツ 彼はベンジンガ氏と日本の経済情勢の比類のない可能性について語った。

どうしたの:ベンジンガ氏はシュワルツ氏に、ETFプロバイダーがどの国の経済が最も有望だと考えているかを尋ねた。

シュワルツ氏は、日本は「新しい企業文化」のおかげで投資を引きつけていると述べた。

利害関係者に優しい慣行への劇的な変化はこの国の特徴であると彼は付け加えた。

シュワルツ氏は、増配と自社株買いを通じて株主価値を増大させる日本企業のポートフォリオの成長を指摘し、これは投資家利益への新たな取り組みの証拠であると指摘した。

以下のグラフを参照してください。

イラスト:ベンジンガプロ

日本の投資魅力の核心は確固たるコミットメントである ウォーレン・バフェット

いわゆる「オマハの神託」は、米国外に新たな資本を駐留させるのに最適な場所として日本を無条件に宣言した。

バフェット氏は、日本の魅力を強調する戦略的な動きとして、日本のユニークな商社5社への投資を指示した。 この動きは、同国の経済軌道に対する同氏の揺るぎない信頼を強調している。

さらに、バフェット氏の承認は海外投資家にとって魅力的な触媒として機能し、日本市場の潜在力に対する関心が再燃し、自信が新たになった。

外国資本が国内に還流するにつれ、日本は成長する機会を活用しようとする投資家を惹きつける存在として浮上している。

関連:ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイが日本の商社5社への出資を引き上げ

日本の投資環境を乗り切るには、特に日本円のボラティリティなど、独特の課題が存在します。

シュワルツ氏は「円の方向性を予測することは不可能」だという。

これに対し、バフェット氏はより慎重なアプローチを採用した。 彼は円建て債券を発行することで為替リスクを中和しています。これは為替変動に対する投資をヘッジするための高度な戦略です。

入力 ウィズダムツリー・ジャパン・ヘッジ株式ETF (NYSE:DXJ)。 ETF は為替ヘッジ機能を活用して為替レートの変動を緩和し、収益を最大化しようとしています。

ETFの魅力はその戦略的ヘッジメカニズムだけでなく、その魅力的な価値提案にもあるとシュワルツ氏はベンジンガ氏に語った。 このETFは、日米の金利差によって大幅に膨らんだヘッジ手段で収益を得ることで、投資家に為替リスクを軽減しながら日本の景気回復を活用する方法を提供している。

ウィズダムツリー ジャパン ヘッジ株式 ETF は、過去 1 年間で 47%、年初来で 21% という目覚ましい成長軌道を示しています。 このファンドの投資戦略は、日本の新しい企業精神を活用しています。

他の日本に特化したETFと同様 iシェアーズMSCIジャパンETF (NYSE:EWJ) と JPモルガン・ベータ・ビルダーズ・ジャパンETF (NYSE:BBJP)はそれぞれ4.96%と5.41%上昇しました。

日本は新たな時代の頂点に立っています。これは、活性化された企業文化と株主価値の向上への確固たるコミットメントを特徴とするパラダイムシフトです。 この変革の旅への投資を検討している投資家にとって、日本は絶好の機会となるかもしれません。

次を読む: 何年も投資するのではなく、何年も投資する

画像: シャッターストック

READ  USD/JPY、GBP/JPY、レジスタンスブレイクなどに重点を置く