2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

火星探査機のデータにより、火星の古代の湖の堆積物が確認される

火星探査機のデータにより、火星の古代の湖の堆積物が確認される

スティーブ・ゴーマン著

[ロサンゼルス(ロイター)] – NASAのパーサヴィアランス探査機は、かつてジェリコ・クレーターと呼ばれる火星の巨大な盆地を満たしていた水によって堆積した古代の湖の堆積物の存在を裏付けるデータを収集したと、金曜日に発表された研究結果が発表された。

ロボット探査車の地中レーダー観測から得られた発見は、火星の一部がかつて水に覆われ、微生物が生息していた可能性があるという仮説を科学者に抱かせる以前の軌道画像やその他のデータを裏付けるものだった。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)とオスロ大学のチームが主導したこの研究は、学術誌「Science Advances」に掲載された。

これは、2022年に車ほどの大きさの6輪の探査車が数カ月にわたって、火星のクレーターの底から隣接する編まれた軌道のような地形の広がりまで火星の表面を横切る途中で実施した地下スキャンに基づいたものだった。 地球上の川デルタ。

探査機のRIMFAXレーダー機器からの音響により、科学者たちは地下を覗き込み、深さ65フィート(20メートル)の岩石層の断面図を得ることができ、「道路の一部を見ているようなものだ」と惑星科学者のデービッド・ペイジ氏は語った。カリフォルニア大学ロサンゼルス校の第一著者。」 紙から。

これらの層は、地球上の湖と同様に、水を含んだ土壌堆積物がヘレゾ クレーターとデルタ地帯に水を供給する川から堆積したことを示す明白な証拠を提供します。 この結果は、以前の研究が長年示唆してきたこと、つまり寒くて乾燥していて生命のない火星は、かつては暖かく湿っていておそらく居住可能であったということを裏付けるものだった。

科学者たちは、将来の地球への輸送のために探査機パーサヴィアランスによって収集されたサンプル中の、約30億年前に形成されたと考えられている間欠泉堆積物を詳しく調査しようとしている。

一方、最新の研究は、科学者たちが火星の周囲の地質生物学的研究を結局地球上の正しい場所で行ったという歓迎すべき裏付けとなった。

2021年2月に探査機パーサヴィアランスが着陸した場所の近くの4つの地点で掘削された初期コアサンプルの遠隔分析では、予想されていたような堆積物ではなく本質的に火山性の岩石が明らかになり、研究者らを驚かせた。

2 つの研究は矛盾していません。 火山岩にも水にさらされて変化した痕跡があり、2022年8月にこれらの発見を発表した科学者らは、堆積物がおそらく浸食されたと結論づけた。

ペイジ氏は、金曜日に報告されたRIMFAXレーダー測定値では、クレーターの西縁で確認された堆積層の形成前後に浸食の兆候が発見され、そこに複雑な地質学的歴史があったことの証拠を示したと述べた。

「私たちが着陸したのは火山岩でした」とペイジさんは語った。 「ここでの本当のニュースは、私たちがデルタ地帯に入り、湖の堆積物の証拠が見られるようになったということです。それが私たちがこの場所に辿り着いた主な理由の一つです。ですから、その点では、これは喜ばしい話です。」

(ロサンゼルスにてスティーブ・ゴーマンによる報告、ウィル・ダナムとキム・コグヒルによる編集)

READ  話題の「緑色の彗星」をどう見る?