9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

流行が激化する中、日本の毎日の政府-19件は新記録を樹立しました

日本の毎日のCOVID-19件は土曜日に4日連続で15,753件に増加しましたが、東京の入院数は、伝染性の高いデルタ変異の発生の中で減少の兆候がなかったため、1月に過去最高を記録しました。 。

緊急時にオリンピックを開催する東京も、土曜日に4,566件の新しいCOVID-19症例を確認し、4日連続で4,000件を超えました。

病院への圧力を強調して、首都の入院数は1月上旬の3,427から増加して3,485に達した。

最新の数字は、日本の全体で確認されたコロナウイルスの症例が100万を超えた翌日です。

人々が一般的に故郷に戻ったり、他の場所に移動したりするにつれて、医療制度の衰退と日本の主要な休暇であるパン休暇中のデルタ変動のさらなる広がりについての懸念が高まっています。

東京が非常事態宣言の日曜日に終了するオリンピックは、月末まで開催されます。 ウイルスの復活が懸念される中、オリンピックは観客なしで開催されることが多かった。

パラリンピックが8月24日に開始されても、緊急事態は引き続き有効です。

政府は最近、緊急法を拡大し、ますます多くの州を非常事態にさらすことを決定しました。


関連する報道:

日本の総政府事件は最初の100万件。 デルタ変動は増加しています

日本は来年3回目のコロナウイルスワクチンを接種します

医療崩壊の恐れの中で、東京は5,000件以上のCOVID症例を記録しています


READ  日本証券取引委員会がIPOの価格設定プロセスをレビュー