5月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

バンジーは運命の詐欺販売サイトに対して1つの訴訟を失います

株式は成長の懸念で新たな下落に苦しんでおり、ドルは上昇を続けています

ロンドン(ロイター)-金利の上昇と上海の引き締めに対する懸念が世界経済が急速に減速に向かっていることへの投資家の懸念を深めたため、月曜日に株式は再び急落し、ドルは新たな20年の高値まで急上昇した。

金曜日の忙しいセッションの後、米国財務省の別の上昇が心配している投資家を生み出すにつれて米国株が急落した後、市場は週の不安定なスタートに備え、ほとんどの指標が赤字でした。

米国、英国、オーストラリアの中央銀行は先週金利を引き上げ、政策立案者が高インフレを打ち負かそうとしているため、投資家はさらなる引き締めに備えています。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

債券大手のピムコのチーフグループ投資オフィサーであるダン・イヴァスキンは、次のように述べています。

「これの主な理由の1つは、FRBや他の中央銀行がインフレを抑制しようとしているように見えることです。」

月曜日の投資家は、財政状態の引き締め以外にも多くの懸念を抱いていました。

上海が2500万人の住民の都市全体の封鎖を強化したので、COVIDの拡散がないという中国の政策に満足はないようです。 続きを読む

ロシアのウラジーミルプチン大統領が、彼のD-Day演説中に予備軍を召集するためにウクライナとの戦争を宣言するかもしれないという憶測も、市場のセンチメントを傷つけた。 プーチンはこれまで、ウクライナでのロシアの行動を戦争ではなく「特別軍事作戦」と表現してきた。 続きを読む

ウォール街の先物は大幅に下落し、S&P 500先物は2%下落し、ナスダック先物は2.5%下落しました。 金曜日のS&P 500とNasdaqは、5週連続で下落しました。これは10年で最長の連続損失です。

ユーロストックス2%減 (.stoxx)。 ドイツのDAX (.GDAXI) 1.6%を失い、英国のFTSE100指数を失いました (.FTSE) 1.78%。

MSCIの主要な新興市場株価指数 (MSCIEF)2020年7月以来の最低水準まで1.2%下落した。

MSCIワールドインデックス (.MIWD00000PUS) 金曜日に到達した17か月の安値からそれほど遠くないまま、0.7%下落しました。

世界の株式

MSCIの日本以外のアジア太平洋株の最も広い指数 (MIAPJ0000PUS。) 日本の日経平均株価は1.4%下落しました (.N225) 2.53%。 中国のブルーチップ (.CSI300) 人民元は0.8%下落したが、海外市場の人民元は1ドルあたり6.7759に下落し、2020年10月以来の最低水準となった。

今週のビッグデータイベントは水曜日に予定されている米国消費者物価レポートであり、インフレ率のわずかな低下が予想され、6月に連邦準備制度が少なくとも50ベーシスポイント上昇するのを止めるものは何もありません。

月曜日の米国の10年間の利回りは、3.203%で3年半の最高値に達しました。

投資家が非常に多くの恐れをいじくり回している中で、彼らが安全を求める場所の1つはドルです。

通貨バスケットに対するグリーンバックを測定するドル指数は、0.4%上昇して104.19となり、これは20年ぶりの高値の最新のものです。

WestpacのチーフFXアナリストであるSeanCallowは、次のように述べています。

「私たちはディップでのDXY(ドルインデックス)の継続的な需要を探しています。104はすでに調査中であり、まだ数週間で107に向かう可能性があります。

ドルの上昇は他の通貨に打撃を与えます。 ユーロは一時的に1.05ドルを下回りましたが、日本円は2002年以来の最低水準に落ち込みました。

ウクライナでの戦争の影響を受けたユーロ圏よりも米国経済の方が持ちこたえるという投資家の間で、連邦準備制度が金利引き上げに積極的に取り組むという期待がドルを支えています。

しかし、ユーロ圏でも金利は上昇しています。 月曜日に、ドイツの10年債の利回りは、インフレと戦うために欧州中央銀行が今年3回金利を引き上げるべきであると土曜日に言ったタカ派の政策立案者ロベルト・ホルツマンに支えられて、2014年以来の最高値を記録しました。

今週のメモは連邦政府の講演者でいっぱいで、タカの合唱に追いつく機会がたくさんあります。

石油価格は、7カ国のグループがロシアの石油輸入を時間の経過とともに禁止または段階的に廃止することを約束した後、急落する前に最初に下落しました。 続きを読む

ブレントは1115GMTまでに2.15パーセント下落して109.97ドルになり、米国原油は2.39パーセント下落して107.15ドルになりました。

スポット金は1.24%減の1オンス$ 1,859で、最近は安全な避難所として勢いをつけるのに苦労しました。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

(Tommy Wilkesのレポート)シドニーのWayneColeによる追加のレポート。 ブラッドリー・ペレットと野見山千津による編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  供給懸念で石油価格が上昇