9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

東南アジアのデルタ波が日本に外国人の奪還を迫っている

ジャカルタ/シンガポール-日本の企業や当局は、東南アジアの多くの地域で、コロナウイルスの伝染性の高いデルタ変異体として日本人を家に持ち帰っています。

金曜日の現地時間正午に、インドネシアの日本大使館は、2,000人近くが船に乗ることを期待して、同国に居住する市民のために日本へのチャーター便を探すのをやめました。 全日本空輸は水曜日に運航を開始し、7月25日に日本航空が運航する予定です。

インドネシアの状況は急速に悪化しており、現在世界最悪のCOVID-19の噴火に悩まされており、記録的な事例を経験している他の国々は安全面を求めており、多くの製造業者は操業を縮小せざるを得ません。

同時に、日本はアジアにワクチンを送っています。 台湾、ベトナム、インドネシアはそれぞれさらに100万回の投与を受け、今週外務大臣のモデキトシミツが発表した計画では、それぞれ合計で337万回、310万回、200万回になります。

グローバルデータによると、インドネシアの7日間の新しい毎日の流行は木曜日に44,145に達し、前のリーダーであるブラジルよりも高かった。 症例数は木曜日の最初の4日間で新記録に達し、金曜日に国は過去24時間で1,205人の死亡を記録しました。これは過去最高の数です。

日本の斎藤利三外相は、台湾、ベトナム、インドネシアへの追加予防接種を発表しました。 ©ロイター

大使館によると、金曜日の時点で殺された14人のうち約360人の日本人がいた。

日本の労働者は金曜日までに三菱重工業、IHI、三菱電機、日本電信電話、三井物産、三菱商事を去ることを選んだ。

パナソニックは、インドネシアの製造施設で従業員の半分以上を削減し、機器や電子部品の製造を続けています。 トヨタ自動車は月曜日に、または通常の運用に戻る期限を短縮せずに排出量の削減を開始しましたが、ダイハツ工業は以前のレベルのコロナウイルスと比較して生産量を約30%削減しました。

マレーシアの日本大使館は、飛行機がチャーターされるかどうかについて日本人住民からますます多くの質問を受けており、木曜日の1日あたりの症例数は13,000件を超え、これまでで最も多い。 大使館によると、外国企業とその家族を日本に送り返すことを検討している企業が増えています。

爆発の影響はロックによって悪化し、それはしばしば重要なビジネスをシャットダウンします。

「継続的に操業している業界でも、部品サプライヤーが閉店しているため、多くの企業が工場を稼働させ続けることができない」と日本の企業幹部は述べ、事業運営の長期的な衰退について懸念を表明した。

タイでの毎日の感染は8,000を超え、デルタバリアントがバンコクや他の場所に広がるにつれて、9,692の新しい最高値に達しました。

保健省によると、バンコクの重症患者のための1,000の病床の約90%が木曜日に占有されていた。 首都のサミットウィッチスクムウィット病院は、多くの日本人居住者によって使用されており、コロナウイルス患者のための72の常設室と18の集中治療室を完全に埋め尽くしています。

多様な産業の製造ハブとしてのこの国は、生産において大きな成功を収めておらず、長続きしません。 スマートフォンを製造しているソニーグループは、最近の夜間外出禁止令により部品が危険にさらされると述べた。

ミャンマーでは、日本大使館が火曜日に日本国民に電子メールを送り、彼らが国内にいる必要がない場合は帰国を検討するように促した。

保健省は、1日に4,000を超える新しい症例を報告しています。これは、テストがCOVID-19の兆候を示す人々のみを対象としているため、かなりの数です。 2月の流行をめぐるクーデター後、医療制度はすでに不安に悩まされており、多くの住民は自宅でケアを求めるしかありませんでした。

READ  スイマー大橋が優勝し、日本の希望はセカンドゴールドで後押しされる