3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

東京駅近くで日本一の超高層ビルの建設が始まる

東京駅近くで日本一の超高層ビルの建設が始まる

開発業者の三菱地所は、東京駅近くで、高さ約390メートルの日本で最も高いビルとなる予定の新しい超高層ビルの建設が始まったと発表した。

トーチタワーは2028年3月に完成予定で、現在東京都港区にある高さ330メートルの国内最高層ビル「麻生台ヒルズ森JPタワー」を上回る。

開発者は三菱地所株式会社。 (写真提供:三菱地所株式会社) (写真提供:共同通信社) 日本一の超高層ビルの完成予想図を掲載。

中島敦市長は水曜日の起工式で「これは市のインフラと建物を同時に改修する最大規模のプロジェクトだ」と述べた。

「世界中から人が集まる地域にしていきたい」と語った。

この建設は、東京駅近くの3.1ヘクタールのエリアをカバーする三菱地所の再開発プロジェクトの一環です。 日本企業はすでにこの地域に高さ212メートルの常盤橋タワーを建設している。

開発業者によると、トーチタワーには2,000人収容のエンターテイメントホール、オフィス、英国の高級ホテルチェーン「ドーチェスターコレクション」の展望施設が入る予定だという。

同社によると、この建物の名前は日本を照らすという開発者の願いを反映しているという。 建物の形状はたいまつをモチーフにデザインされており、上層階からの光が通行人に見えるよう工夫されているという。


関連報道:

東京の建設現場で鉄骨落下、2人死亡、3人負傷

焦点: 観光と富士山のコロナ後の困難な回復

東京・渋谷区長、ハロウィーンに「来るな」


READ  セインタカイチは日本初の女性リーダーであると信じられています