5月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

東京のタクシー運転手を逮捕、鳩を轢いた疑い | 日本

東京のタクシー運転手を逮捕、鳩を轢いた疑い | 日本

一部の人にとって、彼らは羽の生えた友人の別の種類です。 他の人にとって、彼らは羽の生えたネズミであり、その糞によって歴史的建造物に損害を与える可能性があります。

しかし日本では、警察が東京のタクシー運転手を故意に鳥の群れに突っ込み、そのうちの1羽を殺害した容疑で逮捕したことを受けて、ハトが犯罪の被害者となる可能性がある。

先月日本の首都で小沢篤志容疑者(50歳)が「狩猟動物ではなく一般的なハトを殺すために車を使用」し、日曜日に野生動物保護法違反で逮捕されたと東京警察報道官がフランス通信に語った。 押してください

容疑者は警察に対し、鳥を追い払ったと供述した。道路は人のためにある。 地元メディアは「車を避けるかどうかはハト次第だ」と報じた。

日本では少数の狩猟用鳩が合法的に狩猟できるが、都市部に生息する野生の鳩は、農作物や家畜に被害を与える迷惑行為であることが証明された場合にのみ、地方自治体の許可があった場合にのみ殺処分できる。

日本のメディアによると、タクシー運転手は信号が青になった後、時速60キロで鳥に突っ込んだとされる。

車のエンジン音が加速する音に気づいた通行人が警察に通報した。

獣医師はハトの検死を行い、死因は外傷性ショックであると断定した。

プロのドライバーとして働いていた同容疑者に対し、警察は同容疑者の行為を「極めて悪質」と判断し、異例の逮捕に踏み切ったとフジテレビが報じた。

東京のハトに対する同情は、カラスの生息数に対する感情とは対照的である。ハトのゴミをあさる食欲が首都の街路に混乱を引き起こしているとの苦情を受け、レストランが標的にされている。

2001年、当時の石原慎太郎知事は市内に生息する推定3万6000羽のカラスに対して宣戦布告した。 その後の 20 年間で、首都の カラスの数が3分の2に減りました読売新聞によると。

READ  日本の鉄道を修理するためのVR制御の巨大ロボット-IoTWorldToday