7月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日銀政策変更を受け、日本は2024/25年度利上げへ=京都 執筆: Reuters

日銀政策変更を受け、日本は2024/25年度利上げへ=京都 執筆: Reuters

©ロイター。 ファイル写真:2023年1月18日、東京の日本銀行本店内を歩く男性。 ロイター/加藤一成/資料写真

[東京(ロイター)]日本の財務省は2024/25年度に長期金利を1.5%に引き上げると共同通信社が月曜日に発表した。

共同通信によると、日銀が先月超金融緩和政策を転換した後、年間国家予算の債務利払いの計算に使用される金利の上方修正は日本国債の利回りに基づいているという。

予定金利は控えめに見積もられており、実際の長期金利の動きに応じて変更される可能性があり、引き上げがあれば国の予算への圧力が高まり、計画された引き上げでは予算は114兆円(7,826億4,000万ドル)を超える可能性がある。 防衛費と社会保障費。

日本は先進国の中で最大の債務負担を抱えており、GDPの2倍以上の規模となっている。

2017年度以来1.1%の金利を堅持してきたが、12月下旬に2024/25年度予算案が編成される際には、より高い想定金利が公債費の計算に使用されることになる。

日銀はインフレ率を目標の2%に引き上げる取り組みの一環として、短期金利をマイナス0.1%に誘導し、10年債利回りを0%に制限するために大量の国債を購入している。

昨年12月には10年債利回りの上限を0.25%から0.5%に引き上げたが、先月には1%まで上昇を認めると発表した。

利上げは、日銀が以前のゼロ金利政策を解除した後、利上げが2.0%から2.3%に上昇した2007年度以来、初めての高水準とみられる。

(1ドル=145.6600円)

READ  コディバは日本でデザートとホワイトチョコレートドリンクとして50周年を迎えます