5月 19, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日米は予防能力の向上に取り組んでいます

日本政府は土曜日、日米の外相がロシアによるウクライナの占領を非難し、二国間の防衛と対応能力を改善する必要性を再確認したと述べた。

林芳正外相とアントニー・ブリンケン米国務長官との電話会談で、林芳正は、紛争の影響は「ヨーロッパだけでなく」、中国の成長するインド太平洋地域にも影響を与えることを認めた。 固い。

外相は、木曜日に始まった東欧諸国へのロシアの攻撃を「国際秩序の基盤を揺るがす」と強く非難し、一方的に状況を強制的に変えようとする試みを決して容認しないことを誓った。

25分間の会談の後、同省は声明のなかで、「間違った教訓を残さないように、ロシアの行動を適切に処理する必要があることを認めた」と述べた。

林芳正外相は、2022年2月26日に東京でアンソニー・ブリンゲン米国務長官と電話で話し合った後、記者団に語った。

林氏は、ロシアの攻勢を「侵略」と表現し、「ウクライナの主権と領土保全の侵害であり、武力行使を禁止する国際法の重大な違反」であると記者団に語った。

林氏は、東京とワシントンは、独立した開かれたインド太平洋地域の開発に協力し続けることを約束したと述べた。

会談は、日本がロシアの3銀行が保有する資産の凍結や、モスクワのウクライナ侵攻に対応した軍事関連グループへの半導体などのハイテク製品の輸出制限など、厳しい制裁措置を発表した翌日に行われた。

米国務省は、ブリンケンがロシアに制裁を課すための林と西側の侵略に対応して「共同の影響力を高める」ための連立を形成するための努力に対して日本に「感謝」したと述べた。

新しい一連の制裁措置は、特定のロシアの個人および企業のビザの一時停止を含む、ウクライナ東部の2つの親モスクワ分離主義地域のロシアの独立した承認後に日本が発表した穏やかな口頭の措置に従います。 「平和維持」活動。

日本の省は、林とブリンゲンは、両国政府がロシアにさらなる制裁を課すために他の7カ国のグループと協力し続けることを再確認したと述べた。


関連する報道:

米国は、ウクライナの侵略を受けてプーチンに制裁を課すことで欧州連合に参加しました

ロシア軍がキエフに接近する中、ウクライナはプーチンとの会談を呼びかけた

日本はロシアに対する新たな制裁措置で銀行や軍事グループを標的にしている


READ  1.51M。緊急事態第110号から1月から11月