8月 8, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本:調査中の元東京オリンピック理事-ニュース

地元メディアによると、準公務員として、お金や贈り物を受け取ることは賄賂を構成する可能性があります。



APによる

投稿者: 2022年7月26日火曜日11:41AM

日本の通信社共同通信は、東京オリンピックのオリンピックスポンサーから受け取った支払いに関連して、東京オリンピック組織委員会の元執行委員である高橋治之の家を検察官が襲撃したと報じた。

共同通信によると、高橋氏は衣料品小売業者の青木ホールディングスから約4500万円を受け取ったとみられている。 共同通信は、青木のオリンピックスポンサーが発表されてから1年後に発表されたと説明した。

高橋氏は東京オリンピックの運営組織の一員であり、京都氏は準政府高官として、金銭や贈答品を受け取ることは賄賂になる可能性があると述べた。

東京オリンピック組織委員会は6月30日に解散しました。 1年遅れの東京オリンピックは2021年7月23日に開幕した。 東京都は、14億ドルの国立競技場で記念日を祝う式典を開催しました。

青木はオリンピックにユニフォームを供給し、オリンピックのロゴが付いたライセンス製品を販売したと伝えられている。

高橋は東京オリンピックと密接な関係があった。 2013年にアルゼンチンのブエノスアイレスでマドリッドとイスタンブールに先んじて東京が選ばれたとき、東京は国際オリンピック委員会のメンバーを勧誘したことで入札委員会から数百万ドルを受け取ったと伝えられています。 彼は、支払いに不規則性はなく、不正行為もしなかったと述べています。

日本の広告会社である電通は、東京オリンピックの開催を支援したことで知られています。 高橋は元従業員電通は東京オリンピックの独占的なマーケティングエージェンシーであり、国内スポンサー契約で30億ドルを超える記録を打ち立てるのに役立ちました。

公式に130億ドルの費用がかかった東京オリンピックは、パンデミックが発生する前から問題を抱えていました。

元日本オリンピック委員会委員長の武田恒カス氏は、2013年の投票でIOCメンバーに支払われた賄賂の調査に拘束された後、2019年に辞任した。

東京オリンピック・パラリンピックの森喜朗委員長は、女性について蔑称的なコメントをした後、オリンピックが始まる5ヶ月前に辞任を余儀なくされた。

続きを読む:

READ  Tokyo Life「なんでまだ日本にいるの?」 | | 生活