6月 15, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本:予想を上回るGDPが日銀の政策正常化を後押し | スナップ

日本:予想を上回るGDPが日銀の政策正常化を後押し | スナップ

0.4%

%QoQ、サ

2023 年第 1 四半期の GDP

2023 年第 1 四半期の GDP は主に堅調な内需により増加しました

出典: CEIC

内需が純輸出の減少を相殺

日本の実質 GDP は、第 1 四半期に前四半期比 0.4% 成長しました (2022 年第 4 四半期修正値 -0.1%、市場コンセンサス 0.2%、INGf’ 0.4%)。 経済再開に関連したサービス活動の力強い回復が成長の主な原動力となった。 個人消費は政府の旅行補助金プログラムとインバウンド観光客の回復を背景に0.6%増加した(2022年第4四半期は0.2%)。 事業支出の予想外の増加により、0.9%上昇しました(2022年第4四半期は0.7%低下)。 将来見通しの機械受注データは、堅調なサービス部門の受注が製造業受注の低迷を相殺していることを示唆している。 PMIデータは、サービス部門のPMIが歴史的な高水準を維持していることを示している。

国内需要の強さを部分的に相殺し、世界的な需要状況の低迷が輸出を圧迫し(-4.2%)、純輸出は2023年第1四半期の全体の成長率0.3%成長にマイナスに寄与した。

将来予測データは、サービスの力強い成長が続くことを示唆しています

出典: CEIC

インフレ見通し

昨日、日本政府は家庭用電気料金の値上げ計画を承認し、値上げは6月1日から実施される予定だ。 インフレ見通しを従来の年率2.6%から2.8%に修正した。 インフレ率は予想よりも長く2%を上回る水準が続くものの、最終的には今年末までに2%を下回ると予想している。 ただし、コアインフレ率は2023年を通じて2%を超える水準が続くと考えています。

コアインフレ率は2023年を通じて2%を超える見通し

出典: CEIC、ING の推計

日銀ウォッチ

日銀は6月に政策決定会合を開くため、インフレやその他のマクロ経済データの最新動向を検討する時間はまだある。 その政策形成において最も重要な要素はインフレです。 電力価格の上昇は主にコストとインフレの原動力であるため、電力価格の上昇が直ちに政策行動を起こす原因になるとは考えていません。 しかし、それでもコアインフレはある程度上昇するだろう。

日銀は政策金利に関するいかなる行動にも非常に忍耐強く、日銀が先月発表した政策見直しである程度の進展があった後、利上げは来年になると我々は考えている。

日銀のYCC政策調整には6月は早すぎるかもしれないが、YCC政策は景気を下支えすることなく金融市場の機能を歪めているため、YCC政策は早期に正常化されるべきであると我々は考えている。 通常を上回る賃金の伸びが続き個人消費を下支えし、新会計年度が始まる4月以降に米国の銀行セクターを巡る金融市場の動揺が沈静化すれば、日銀は間もなくYCC政策を決定すると考えられる。 むしろ後で。