3月 3, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本開幕戦後のケルトの失望 – コメント

日本開幕戦後のケルトの失望 – コメント

アジアカップキャンペーンのスリリングなスタートで、日本はベトナムに4対2で勝利しましたが、試合はセルティックファンを少しイライラさせました。

日本の勝利に祝賀ムードが漂っていたにも関わらず、セルティックの主力選手の二人、前田大仙と旗手凌は試合中ずっとベンチに残された。

アル・トゥママ・スタジアムで行われたグループDの開幕戦は、特に前半はゴールの祭典となった。 日本のスター、南野拓実が2ゴールを決め、母国に待望の勝利をもたらした。 しかし、ピッチ上に前田と旗手の不在はセルティックファンに顕著に感じられた。

この2人の有力選手を欠いたセルティックは、日本の参加が終了するまで試合をやり抜くという課題に直面している。 セルティックファンのフラストレーションは、マイダとハテッドがフィールドよりもベンチで多くの時間を費やす可能性から生じており、彼らの不在が暫定的なセルティックのパフォーマンスに及ぼす影響について疑問が生じている。

猛烈なスピードとゴールへの視線で知られる前田と、多才さと技術力で知られる旗手は、セルティックの最近の成功に不可欠な存在だ。 アジアカップで目立った試合時間もなく欠場することは、グラスゴーでプレーする際には才能の無駄遣いのように感じられるかもしれない。

この状況は、国際大会中にクラブが直面する課題を考慮したものです。 自国を代表することは選手にとって貴重な名誉ですが、試合に出られないとイライラすることもあります。

前田と旗手は国際舞台で才能を発揮するだけでなく、セルティックのフィットネスに戻り、チームの目標に貢献する準備ができていることが期待されている。

日本がアジアカップで勝ち進む中、有意義な試合時間を獲得することに注目が集まっている場合、セルティックのファンは特にスター選手の活躍を見ることに熱心だ。


READ  オーストラリアの新しいリーダーは、中国が支配する選​​挙に続いてクワッドに出席しています