7月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本最大の金融機関MUFGが世界的なステーブルコインの提供を検討中

日本最大の金融機関MUFGが世界的なステーブルコインの提供を検討中

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、日本の金融業者のブロックチェーンプラットフォームを介してそのようなトークンを発行することについて、世界的に人気のあるステーブルコインやその他のビジネスを運営する企業と協議している。

日本のステーブルコイン法は、主要経済国では初となる6月1日に発効し、その結果、日本の認可を受けた銀行、登録送金業者、信託会社のみがトークンを発行できることになった。

MUFG商品担当副社長の斉藤達也氏はインタビューで、MUFGは米ドルを含む外貨に固定されたステーブルコインを世界規模で利用するため、ブロックチェーンプラットフォームのBrokmatを利用することについて複数の関係者と協議していると述べた。

法律が施行されたことで「発行者もユーザーも安心してステーブルコインを利用できる」と斉藤氏は語った。 同氏は、MUFGがどのステーブルコイン当事者と交渉しているのかについては明らかにしなかった。

ステーブルコインは暗号通貨業界の定番であり、投資家は変動性の高いトークンを伴う取引の合間に資金を保留することがよくあります。

これらは固定価値 (通常は 1 ドル) を保持しており、多くの場合、現金や債券などの準備金によって裏付けられています。 CoinGeckoのデータによると、約1300億ドルが流通している。

ステーブルコインは時々ペッグを失い、暗号通貨市場を混乱させます。 TerraUSDと呼ばれるこのトークンは、アルゴリズムとトレーダーのインセンティブに依存して2022年5月に爆発し、少なくとも400億ドルの費用がかかる可能性がある一掃の一環となった。

その結果、規制当局はステーブルコインに対する監視を強化している。 日本の法律は、該当する通貨の法定通貨で完全に裏付けられたトークンを促進しています。

斉藤氏は、MUFGはブログメイトを利用して第三者向けのセキュリティトークンを発行することを目指しており、独自のステーブルコインを開発する計画はないと述べた。

同氏は、同行がエンターテインメント企業、その他の非金融企業、日本の金融機関グループとステーブルコインプロジェクトについて協議していると述べた。

海外の金融グループからも引き合いが来ており、斉藤氏は日本がステーブルコイン立ち上げの世界的なハブとなる可能性があると述べた。

トップのステーブルコインであるテザーは、このセクターの時価総額の60パーセント以上を占めています。 Circle Internet Financial の USD 通貨は 2 位です。 発行者は日本の法律を遵守してトークンを発行する必要があります。

ステーブルコインが条件に基づいてドルや他の通貨で建てられるという事実は、海外で使用するためのトークン発行への道を開くものだと斉藤氏は語った。

「これは日本にとって素晴らしいチャンスだ」と彼は言った。

岸田文雄首相が掲げた「新しい資本主義」の考え方に基づく日本経済の活性化には、Web3企業の成長支援も含まれている。

「Web3」という用語は、暗号通貨の基礎となるテクノロジーであるブロックチェーンを中心に構築された分散型インターネットのビジョンを指します。

日本はトークン上場や課税など一部の仮想通貨規制を緩和する方向に動いているが、依然として厳しい規制があるとみられている。

更新日: 2023 年 6 月 23 日、午前 5:01

READ  新しいADRIFTカヤ| コンデナストトラベラーインド