6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本政府の報告書がさらなる燃料価格高騰の可能性を警告

日本政府の報告書がさらなる燃料価格高騰の可能性を警告

社会

東京、6月4日(GGプレス) – 日本政府の白書は火曜日、不安定な国際情勢により燃料価格がさらに上昇し、日本への安定したエネルギー供給が妨げられる可能性があると警告した。

政府は閣議で採択したエネルギーに関する年次報告書の中で、液化天然ガスを含む燃料価格の高騰と円安が国富の流出を増大させていると指摘した。

日本の化石燃料輸入額は2020年の11.3兆円から2022年には33.7兆円、2023年には27.3兆円と3倍に増加すると予想されているが、輸入量はあまり変わっていない。

報告書は、この状況はロシアのウクライナ侵略と円安によって促進された一次産品価格の上昇が原因だと述べた。

報告書の中で政府は、世界中の紛争や自然災害によるエネルギー安全保障への懸念を表明し、化石燃料への過剰依存を終わらせる必要性を強調した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  日本の愛子さま(22)は、日本赤十字社での勤務を開始し、「社会人」としての第一歩を踏み出すことに「リラックスしている」と語った。