9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本南西部の九州広島日本京都大雨は東京で洪水と地滑りを引き起こします

土曜日に日本南西部の一部を襲った地滑りで1人が死亡し、2人が行方不明になり、家屋が被害を受け、交通が途絶えた。

南部の都市クルメでは、救助隊員が溺死して引きずり出すと、川が氾濫し、住民はゴムボートで自宅から避難しました。

今週、大雨が日本南部を襲いました。気象庁は、フロンティアが日本列島の上に閉じ込められているため、今後数日でさらに雨が降ると予測しています。

エージェンシーは九州地域で大雨と地滑り警報を拡大し、雨は広島を含む東にゆっくりと移動し、日本の中央の京都とナーガの古都に向かった。

金曜日、雨により長崎県雲仙町で土砂崩れが発生し、4人が埋葬された。 埋葬された者の1人が殺され、もう1人が重傷を負った。 救助隊員は他の2人を探しています。

金曜日遅く、広島で発生した別の地滑りで、1人が重傷を負った。

消防庁によると、全国の数十の家屋が洪水や地滑りによって被害を受けています。

九州と広島の地方自治体は、避難が義務付けられているわけではありませんが、約140万人に影響を及ぼし、最も高い災害警報を発しました。

西日本旅客鉄道は、博多と大阪を結ぶ超急行列車「新泉」が一時停止したと発表した。

READ  政府の小切手での違法な残業は、日本企業の37%に発生します