6月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本代表の元キャプテンについて知っておくべき10のこと

日本代表の元キャプテンについて知っておくべき10のこと

クライストチャーチでの謙虚な生い立ちから日本での英雄的地位に至るまで、リーチ・マイケルはかなりのラグビー人生を歩んできた。

東京の公園には、日本のラグビーにおける彼の名声と重要性の象徴であるリーチ・マイケルの銅像が建てられている。

しかし、クライストチャーチ北東部出身の若者が、どのようにして他国の英雄になれるのでしょうか?

関連している: 2023年ラグビーワールドカップ日本代表メンバー

ここでは、日本を 4 回目のワールドカップに導くブレイブ ブロッサムズのお守りキャプテンについて知っておくべきことをいくつか紹介します。

日本のバックロー、リーチ・マイケルについて知っておくべき10のこと

1. リーチ マイケルは、10 月 7 日にバーウッドで生まれました, クライストチャーチの北東の郊外, ニュージーランド. 15歳で学校交換留学プログラムの一環として日本へ。 そして – 放課後 – 彼は行きました 東京の東海大学で。

2. リーチ選手は 2013 年に日本国籍を取得しました。 同時に、国の姓名に倣って正式に日本語名に変更した。

3. 彼は 2008 ジュニア世界選手権の日本の U-20 チームに呼ばれ、同年名古屋でアメリカに対してシニア国際デビューを果たしました。

4. 彼は 2009 年 4 月にカザフスタンに対してシニア国際トライを記録しました。

5. リーチは、2011 年に初めてワールドカップに出場した後、日本のトップリーグの東芝ブレイブルーパスに加入しました。 大会ではトンガ戦でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

6. 東芝ブレイブは、ループスでの最初の年の終わりに、リーグの「シーズンの啓示」に選ばれました。 2012-13シーズン終了時にはチーム・オブ・ザ・シーズンにも選ばれた。

関連している: タックルスクールに進学したラグビースターをチェックしてみよう

7. 2013年にニュージーランドに本拠を置くチーフスとスーパーラグビーで腕の骨折を乗り越えた。 また、同年6月には日本代表としてプレーしており、初戦で足を骨折した。 彼は2015年についにチーフスでプレーし、2シーズンで34試合に出場した。 2018年に帰国し、日本のスーパーラグビーチーム、サンウルブズに入団した。

8. エディー・ジョーンズは、2014年4月にリーチを日本のキャプテンに任命した。彼は以前、ジョーンズ、そしてジェイミー・ジョセフの下でその役割を務めていた。 彼は、1990年代のアンドリュー・マコーミック以来、ブレイブ・ブロッサムズを率いる2人目のニュージーランド生まれの選手となる。

9. 彼は、最も有名なラグビーワールドカップの勝利のいくつかで日本のキャプテンを務めました – 2015年のブライトンでの南アフリカ戦; 2019年にはアイルランド対袋井、そしてスコットランド対横浜。

10. 東京の共同公園に彼の銅像があります。 2019年のワールドカップ期間中は、ファンが写真を撮る人気のスポットでした。

Rugby World のデジタル版をタブレットに直接ダウンロードするか、印刷版を購読して雑誌を自宅に届けてください。

Facebook、Instagram、Twitter でラグビーワールドをフォローしてください。

READ  サムスンは明日日本でイベントを開催し、その市場でのアップルの優位性に挑戦し、アップルがソウルで5店舗目をオープンする間、新しい店舗をオープンする.