1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本人男性の願いはただ一つ、オオカミのようになりたい。 こうなった世界のニュース

日本の男性が、後ろ足で歩く本物のオオカミに変身しました。 男 300万円(約 ¥18.5 ラーク) は、Zeppet という会社のカスタムメイドのドレスでした。

続きを読む: カブールの軍用空港の外での爆撃、犠牲者の恐れ:これまでにわかっていること

匿名の男性は「子供の頃からずっと動物が好きで、リアルな動物の着ぐるみがテレビに登場するのを見て『いつか』なりたいと夢見ていた」と語った。

フィッティングと測定のために、男性は何度かスタジオに行き、「仕様に多くの機能を組み込むまで、実際のオオカミの画像をチェックして細部を議論しました」.

Sepbett はドレスを完成させるのに 50 日を要し、最終的なドレスが彼が思い描いていたとおりに見えると思ったとき、彼は感銘を受けました.

「最終フィッティングの際、鏡に映った自分の姿を見て驚きました。 夢が叶った瞬間でした。 「『後ろ足で歩く本物のオオカミのように見せる』という注文は難しかったですが、完成した衣装はまさに私が思い描いていたものでした」と彼女は言いました。

続きを読む: エリザベス女王とウクライナのために: ロンドンの新年の花火は眩しい

「仕様が私の好みをすべて完全にカバーしただけでなく、着用者の快適さのための換気スリットと着用者が補助なしで着用できるようにするデバイスは、デザイナーが着用者の快適さに多くの注意を払っていたことを示しました.追加した。

以前、Zeppet は、犬のようになりたいと思っていた Togo の衣装をデザインしていました。


READ  トレーラートラックが西日本の学校に行く途中で女の子を殺す