5月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は7月のフランス大会に先立ちウルグアイを主催

日本ラグビーユニオン(JRFU)は水曜日の声明で、日本は来月のフランスとの国内試合に先立ち、6月に2試合でウルグアイを主催すると発表した。

JRFUは先月、ブレイブブロッサムズが2017年以来初めてフランスと対戦することを発表しました。7月2日に市の豊田スタジアムで、7月9日に東京の国立競技場でリボビタンデチャレンジカップが2試合行われます。

ウルグアイは、東京のチシプノミアラグビー場での6月18日のテストと、北九州のミクニワールドスタジアムでの6月25日のテストのチームに追加されました。

「この歴史的なテストシリーズのためにウルグアイが日本に帰国することを嬉しく思います」とJRFUの森重高社長は語った。

「ウルグアイのチームは、常に米国のラグビーワールドカップで注目を集めており、来年フランスで開催される第5回ラグビーワールドカップの出場権を獲得しています。

ウルグアイは、2019年のラグビーワールドカップでカマシでフィジーに30-27で勝利した後、日本のラグビーファンの間で最も尊敬されています。

日本は本拠地で2019年ワールドカップの準々決勝に到達しましたが、Cov-19の爆発により、2020年にはプレーせず、2021年6月の18か月後にブリティッシュアンドアイリッシュライオンズと対戦しました。

チームは昨年ポルトガルと対戦した6試合のうち1試合しか勝ちませんでした。

(バンガロールのSrivastava Sridharによる報告、Kim Gokilによる編集)

READ  最高のシェルチェアをオンラインで購入。