1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は 2023 年に金融引き締め政策を終了しますか? – DW – 2023 年 1 月 3 日

世界の主要中央銀行は昨年、数十年にわたる高インフレに対抗するために積極的に利上げを行ったため、日本銀行 (BOJ) だけが金融引き締め政策を追求することになりました。

中央銀行は、経済を損なうことなくインフレ率を下げることで利上げのバランスをとらなければなりませんが、日本の巨額の債務ポジションにより、世界第 3 位の経済国である日本は、他の国よりも引き締めに対して脆弱になっています。

日本の債務対 GDP 比率は 9 月に 266% に達し、債務総額は 9.2 兆ドル (8.6 兆ユーロ) になりました。 日銀が現在のマイナス金利をあまりにも急速に引き上げると、政府は企業や家計と同様に、その巨額の債務を返済するのに苦労することになります。

同時に、日銀は過度の金融政策が過去 1 年間の円安につながり、41 年間で最高のインフレに拍車をかけているという批判に直面しています。

日本はついにインフレになった

日銀はインフレを押し上げることに熱心でした。 結局のところ、日本は 20 年間デフレに陥っており、政策立案者は日本の消費者の「安い価格を待つ」という考え方を打破したいと考えていました。

急激に上昇しているにもかかわらず、日本のインフレ率は西側諸国よりもはるかに低く、11 月には米国の 7.1% と比較して 3.7% 上昇しています。

円は米ドルの上昇で打撃を受けている。 昨年のある時点で、円はドルに対して 30% 近く下落し、日本の消費者や企業にとって、エネルギー コストを含む輸入がより高価になりました。 一方、実質賃金は昨年、7カ月連続で低下した。

新しい種類の世界的不況: なぜ今回は違うのか

このビデオを表示するには、JavaScript を有効にし、Web ブラウザーをアップグレードしてください HTML5ビデオをサポート

投資家は円を安全な通貨と見なしていましたが、昨年のドル高と日本経済の強さに対する懸念により、円はその地位を失いました。

「安全な通貨は、通常、強力な貿易黒字によって支えられるべきです。危機下では、通貨に対する自然な需要があります。JPY(円)は、取引によるそのサポートを失いました」と、ING のグローバル市場責任者である Chris Turner 氏は述べています。昨年の研究ノートに書いた。

上記に加えて、COVID-19 パンデミックからの回復に伴う日本経済の脆弱性は、政策変更の兆候が金融市場を揺るがす可能性があることを意味します。

中央銀行が政策を変更して債券利回りを制限

クリスマスの直前に、日銀はイールドカーブ制限として知られる10年債の利回りを制御するメカニズムを緩和しました。 中央銀行は現在、10 年物国債利回りを 0.25% のゼロという目標ではなく 0.5% 変動させることを許可します。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのアジア太平洋担当チーフ・エコノミスト、ラジーブ・ビスワス氏はDWに対し、日銀の決定は「2022年の債券市場のパフォーマンス低下を受けて、市場活動を改善すること」であると語った。

しかし、これらの歪みは、日銀が積極的に日本国債を購入したことによって生じました。 日経コングロマリットのQUICKによると、先月現在、日銀は全日本国債の51.4%を所有している。 2013 年には 10% でした。 日銀が完全市場化したため、日本の債券市場の取引日はありません。

日本銀行は現在、日本国債の 50% 以上を所有しています。写真:西吉隆/読売新聞/AP/イメージアライアンス

ドル資産のより良いリターン

債券投資家は、特にドル建て資産でより高いリターンを求めて日本から群がってきました。 結局のところ、米国の 10 年国債利回りは 3.85% であるのに対し、日本の 10 年国債利回りは 0.41% です。

ビスワス氏は先月、日銀が予定外の国債購入を実施したことで、「日銀のイールドカーブ政策を2023年初めにさらに変更する必要があるかどうかについて、金融市場での議論が高まった」と述べた。

一部のアナリストは、先月の動きをより大きな金融政策の焦点の最初の兆候と見なしていましたが、みずほリサーチ&テクノロジーのチーフエコノミスト、酒井佐井助氏は確信していません.

「日銀は景気悪化の責任を取りたくない、新総裁 [who will be appointed in April] そのような失敗を避けたいので、彼らはより慎重な姿勢を取るだろう」と彼は香港に拠点を置く通信社に語った. サウスチャイナ・モーニング・ポスト.

日銀は世界に追いつくしかないとの見方もあるが、慎重に行う必要がある。

SGHマクロアドバイザーの中央銀行調査担当ディレクター、レジーナ・シュリーガー氏は、NPRのマーケット・ラジオ番組で、「他の主要中央銀行と同じ方向に進み、利上げを進めている」と語った。

流行の回復が強化されます

一部のエコノミストは、家計貯蓄の増加、海外旅行の復活、裁量的支出による内需の増加により、石油とガスの価格の下落に後押しされてインフレが緩和し始めているため、日本経済はパンデミック後の回復を続けることができると考えています。 日本企業が設備投資を増やす。

日本総合研究所のチーフエコノミスト、松村英樹氏は「外国人観光客の消費が増えると思うので、インバウンド観光は(日本経済にとって)強力な原動力になるだろう」と語った。 ジャパンタイムズ 火曜日

日本政府は、来年の防衛費を 30% 増額して 114 兆円 (8,390 億ドル、7,950 億ユーロ) にする計画を発表しました。 日銀政策センター決定。

編集者:アシュトーシュ・パンディ

READ  敗者は日本戦を去り、複数のタイトルマッチが発表 NJPW The New Beginning Tour