4月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は放射性処理水の放出を受けてロシアによる魚介類の禁輸を批判した

日本は放射性処理水の放出を受けてロシアによる魚介類の禁輸を批判した

東京(AP通信)-日本は、機能不全に陥った福島原子力発電所からの処理済み放射性廃水の放出に対抗して、中国に協力して日本産魚介類の輸入を禁止するというロシアの発表を批判した。

ロシアは、津波で破壊された福島第一原子力発電所が処理して希釈した放射性廃水を海に放出し始めてから2か月後の月曜日、日本の魚介類に対する輸入制限の実施を開始する。

廃水の排出は数十年間続くと予想される 漁民らは強く抗議した そして韓国を含む近隣諸国でも数百人が抗議活動を行った。 中国はただちに禁止措置をとった 8月に日本産水産物の全輸入品の放出が始まり、日本の水産物生産者や輸出業者に悪影響を及ぼした。

日本の外務省は、高官らが東京のロシア大使館に対し、日本が福島原発で処理された水と日本の水産物の安全性について透明かつ科学的な説明を行っていると通告したと発表した。 同省はまた、先週のロシアの突然の対話要請に対し、日本は「誠実かつ丁寧に」文書を提出して応じたと述べた。

同省はロシア政府の制限は「不公平」であるとし、日本食品に対する輸入制限を緩和または撤廃しようとする世界的な動きに反対していると述べた。

同省は「ロシア側の決定は極めて遺憾であり、撤回を強く求める」と述べた。 「日本は科学に基づいた対策を模索し続けている。」

工場の最初の廃水放出は8月24日に始まり、9月11日に終了した。 その放出の際、東京電力は10基のタンクから7,800トンの処理水を放出したと発表した。 で 2回目の排出 東京電力は10月5日から、17日間でさらに7800トンの処理水を太平洋に放出する計画だ。

国際原子力機関は廃液の放出の安全性を検討し、計画通りに実施されれば環境、海洋生物、人間の健康への影響は最小限に抑えられると結論づけた。

中国、韓国、カナダからなるIAEA専門家チームは今週、原発近くの海水と海洋生物のサンプルを調査する予定だ。

日本政府は新たな市場を開拓し、中国による水産物禁制の影響を軽減するために救済基金を設立した。 活動内容としては、水産物の一時調達、冷凍保存、自家販売の推進などがあります。

東京電力と政府は、タンクは来年初めに容量に達し、廃炉には原発内のスペースが必要で数十年かかるため、海への投棄は避けられないとしている。

彼らによると、この水は放射性物質を安全なレベルまで減らすために処理され、その後海水で数百倍に希釈され、国際基準よりもはるかに安全になっているという。

READ  フィンエアーがアジア進出で日本に再進出