10月 20, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は年末までに第3回政府ワクチンの投与を開始する可能性があります

保健省は金曜日に、コロナウイルスワクチンの3回目の接種を今年末までに日本人に提供し始めると述べ、国は非常に伝染性の高いデルタ変異体の継続的な蔓延に対応したいと考えています。

政府小委員会の保健専門家は、3回目の接種の必要性に同意し、2回目の接種を受けてから少なくとも8か月後に人々に予防接種を行うという省の計画を承認しました。

政府がワクチン接種を希望するすべての適格な個人へのワクチン接種を終了すると、潜在的なブースターショットが11月から投与され始める可能性があります。

厚生労働省は、3つのサイズはすべて原則として同じメーカーのものでなければならないと述べたが、決定を下す前にさらなる研究を検討するだろう。

異なるメーカーによって製造されたワクチンを一般に公開するという考えに関して、省は、1番目と2番目のディスプレイは同じサプライヤーサイズでなければならないと述べましたが、人々がによって製造されたブースターワクチンを手に入れるのを助けるために規則を修正します特定の状況下での別の会社。

現在、ファイザー社、モデルナ社、アストロジェネカPLCが開発した3つのCovit-19ワクチンが日本で入手可能であり、すべて2回投与されています。

イスラエルと米国では、すでに3回目のショットが行われ、2回目のショットが完了した後、ブースターショットがそれぞれ7か月と8か月間与えられます。

日本政府は、他国のデータと進捗状況に基づいて、誰がサードショットと優先順位の対象となるかについて話し合います。

ワクチンメーカーは、安全性を高めるためにサードショットが必要であると主張しており、完全にワクチン接種された人々がGovt-19に感染する進行性の症例の数は国内外で増加しています。

研究によると、ワクチン19抗体は、セカンドショットが与えられてから6か月後に減少し、デルタ変異体に対するワクチンの有効性は時間の経過とともに減少します。

READ  ウガンダのアスリートが日本の合宿に行方不明