12月 9, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Rachel Nichols on Showtime Basketball's All The Smoke.

日本は円を支えるための介入に過去最高の200億ドルを費やした

  • この介入により、すぐに利用できる資金の約 15% が失われます
  • 日本は今のところ米国債の売却を避けることができる – アナリスト
  • さらなる介入の影響は弱まる可能性がある – アナリスト

[東京 27日 ロイター] – 日本は先週、円を押し上げるために外国為替市場への介入に2兆8000億円(197億ドル)を費やしたことが、財務省のデータによると、資金の15%近くを使い果たした。 介入する準備ができています。

この数字は、通貨の急激な下落を食い止めるために24年ぶりに日本がドル売り円買いに介入したことについて、東京の短期金融市場のブローカーが推定した3.6兆円よりも低かった。

8 月 30 日から 9 月 28 日までの通貨介入支出の総額を示す同省の数字は、9 月 22 日の介入に完全に使用されたと広く信じられています。 98年のドル売り円買い介入の過去最高記録2兆6200億円を上回る。 支出日の確認は11月にリリースされます。

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

三菱UFJモルガン・スタンレー証券のチーフ外国為替ストラテジストである上野大作氏は、「これが1日で行われたとすれば、介入の爆発的な爆発であり、円を守るという日本の当局の決意を確認した」と述べた。

「しかし、日本が独自に介入し続ける限り、さらなる介入の効果は減少するだろう」と彼は言った。

円が 24 年ぶりの安値である 1 ドル 146 円近くまで下落した後に行われたこの介入により、1 ドルがその安値から 5 円以上急騰しましたが、その後、通貨は約 144.25 円まで下落しました。

日銀の黒田東彦総裁は政府との会合で、「最近の一方的な急激な円安は、企業が行動計画を立てることを困難にし、不確実性を高めている。したがって、これは望ましくなく、経済にとって悪いことである」と述べた。金曜日の閣僚。 .

9月7日に発表された外貨準備データによると、日本は約1兆3000億ドルの外貨準備を保有しており、中国に次いで2番目に大きく、そのうち1355億ドルは外国の中央銀行と国際決済銀行(BIS)の保留預金に保有されていた。 さらなるドル売りの資金調達や、円買いへの介入に容易に利用できます。

東京の大手金融市場証券会社のシンクタンク、東短リサーチのチーフエコノミストである加藤出氏は、次のように述べています。

預金が枯渇した場合、日本は約 1.04 兆ドルの証券保有を減らす必要があります。

日本が保有する主な海外資産のうち、預金と有価証券は最も流動性が高く、瞬時に換金できます。

その他の保有資産には、金、IMF 準備金、国際通貨基金の特別引出権が含まれますが、これらの資産からドルの現金を購入するには時間がかかるとアナリストは言います。

(1ドル=144.4000円)

(このストーリーは、最初の段落に「to」という単語を削除するように修正されています)

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

木原梨花、梶本哲史による追加レポート。 サム・ホームズ、エドモンド・クラマン、シュリ・ナバラトナムによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  米国経済は第2四半期に縮小し、非公式な景気後退の始まりを示しています。 米国経済