9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本はモルタルワクチンの汚染が高い

ポストする: かわった:

東京空港(AFP)

地方自治体は、別の汚染物質を検出するために、日曜日に日本の沖縄地域でのModernaのGovt-19ワクチンの使用を停止したと言います。

日本の厚生労働省が、汚れたモデルナのブロックで射殺された2人の男性の死を調査していると発表した翌日、彼らの死の原因は不明です。

日本南部の沖縄県では、予防接種プログラムが日曜日に部分的に延期されました。

「いくつかの異物が見つかったため、ModernaのGovt-19ワクチンの使用を停止している」と声明で述べた。

地元メディアの報道によると、土曜日に沖縄で発見された汚染地域は、1.63回の線量で2人が死亡した後、停止された。

保健省が、8月初旬に2回目のモデルナ投与を受けた後に30歳から38歳までの2人の男性が死亡したと述べた後、停職処分となった。

木曜日に政府によって停止された3つの構成員のうちの1つから投与量が取られ、いくつかのボトルが汚染されていることが判明しました。

しかし、同省は死因を調査中であり、ワクチンとの因果関係があるかどうかは現時点ではわからないと述べた。

「現時点では、これらの死亡がModerna Govt-19ワクチンによって引き起こされたという証拠はありません。適切な調査を実施して、何らかの関連があるかどうかを判断することが重要です」と、Modernaとその日本の販売代理店であるDaketaは次のように述べています。土曜日の共同声明。

ヨーロッパの現代の請負業者によって作られたバイアルに見られる粒子の性質はまだわかっていません。

「バイアルは分析のために資格のある研究所に送られ、最初の発見は来週初めに利用可能になるでしょう」とModernnaとTakedaは言いました。

請負業者であるスペインの製薬会社ROVIは木曜日の声明で、日本でのみ配布されているパッケージの汚染の原因を調査していると述べた。

問題はその生産ラインの1つに現れた可能性があると付け加えた。

日本の人口の約44%は、非常に伝染性の高いデルタ変異体によって引き起こされるコロナウイルスの症例の記録的な増加と戦っているため、完全にワクチン接種されています。

日本では15,800人以上がKovit-19で亡くなり、国の大部分が厳格なウイルス管理下にあります。

READ  ワラビーアイジャパンのようなおなじみの顔