1月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本はオミグランの蜂起に備えて国境管理を行っています

岸田文雄首相は火曜日、日本は高齢者向けのコロナウイルスブースターショットを促進し、急速に広がるオミグラン変異体に対処する病院の能力を拡大することを目指して、2月までほとんどの外国人との国境を閉鎖すると述べた。

COVID-19の症例が急減した後、日本は11月に国境管理を一時的に緩和しましたが、より広範な新しい亜種が出現した後、ほとんどの外国人の入国禁止をすぐに解除しました。

岸田文雄は、国境管理の強化が多様性の広がりを遅らせ、即時の蜂起に備えるための「時間を買う」のに役立ったと述べた。

日本では12月下旬まで症例はほとんどありませんでしたが、感染数は1日数千人に増加しました。

岸田文雄は先週、米軍基地(沖縄山口と広島)から緊急事態に備えてレストランに広がったと報じられた。

しかし、12月に医療スタッフから始まった追加ワクチンのリリースは遅れています。 金曜日の時点で、日本の人口のわずか0.6%がサードショットを受け取り、政府に高齢者への投薬をスピードアップするように促しました。

火曜日の河藤茂幸保健相は、輸入ワクチンの不足ではなく、地方自治体の製品の遅れを非難した。

岸田文雄氏は、ブースター効果を促進するために政府と地方自治体の集団予防接種センターが設置されると述べた。

年末年始や週末の3日間、多くの日本人の旅行や宴会の後、訴訟がさらに増えることが懸念されています。

月曜日に、871件の新しいCOVID-19症例が東京で報告されました。これは1週間前の8倍です。 全国で6,438件の新規症例が報告されており、そのうち約18,400人が死亡し、合計177万人が報告されています。

専門家によると、ほとんどの場合、現在はオミグランが原因です。

岸田文雄は、オミグランについてはもっと多くの「未知数」があると述べたが、これは以前の変種よりも穏やかで危険性が少ない。 これは、より多くの患者が自宅にいることを意味します。 岸田文雄氏によると、政府は地域の医師による遠隔監視と医療サービスの強化に取り組んでいるという。

「新しい発見に柔軟に対応します」と岸田文雄。 「人々の命を守ることが重要です。」

READ  なる。 22横浜市長選挙の集中