5月 17, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は、牛丼で処女を性的暴行したとして食物連鎖の責任者を解雇した。

日本最大の食物連鎖の1つである吉野家は、大学の講義中に行われた一連の性的に露骨なコメントに対して怒りを引き起こしたとして、専務取締役を解雇しました。

同社は声明のなかで、安価な丼で有名なファーストフードチェーンの伊藤正樹氏が「まったく受け入れられない」コメントをしたことで解雇されたと述べた。

「彼の非常に容認できない言葉や行動は、人権とジェンダーの問題を考慮すると容認できない」と同庁は述べた。

同社の幹部は、週末に東京のヴァセダ大学で行われたマーケティング講義でこれらのコメントをしました。

日本の新聞によると、彼は興味のある学生たちに、田舎に家を出た若い女性はまだ処女である間に牛肉のボウルに奴隷にされるべきだと語った。 ミニチ親藩。 「男性が彼らに高価な食べ物を与えると、彼らは間違いなく牛肉のボウルを食べません」と彼は言いました。

彼の蔑称的なコメントは広く報道され、ソーシャルメディアで話題になり、ユーザーは、その販売店をボイコットするよう求められたとき、差別的なコメントに「ショックを受け」、「怒った」と述べました。

「吉野家の牛丼が大好きでした。 しかし、吉野家の経営陣からのこの差別的なコメントを見たとき、私は本当にショックを受け、失望し、非常に怒っていました。 正直、吉野家の牛丼はもう食べたくない」とツイッターユーザーの清水雄香さん。

吉野家氏は、伊藤氏が謝罪の手紙を書き、直接謝罪したと述べた。 「これについては非常に申し訳ありません」と同社は語った。 「ごめんなさい」

講義が行われた大学も彼のコメントを謝罪し、ゲスト講師のポストから彼を削除すると述べた。

「ソーシャルメディアやニュース(管理者のコメント)でそれについて知った後、多くの人々が気分を害したことを私たちは知っています。 イベントの主催者として、深くお詫び申し上げます」と新聞は述べた。

吉野家は、国内でも海外でも2,700店舗を展開する、日本を代表するファーストフードチェーンのひとつです。 ウェブサイトによると、同社のグループには女性が1人しかいないが、近年では女性への料理の魅力を広げようとしている。

READ  日米は予防能力の向上に取り組んでいます