10月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は、急激な円のボラティリティが続く場合、FX 市場で行動する準備ができていることを示しています

東京:日本の鈴木俊一財務相は金曜日、急激な円安が続く場合、外国為替市場で行動を起こすつもりはないと述べた。

鈴木氏は今月初め、外務省の記者団に対し、円がドルに対して最近急速かつ一方的に下落し、24 年ぶりの安値を記録したことを懸念していると語った。

彼のコメントは、今月初めの日本の当局者による同様のレトリックを反映しています。

水曜日の早い段階で、日本銀行は、急激な円の下落を抑えるための明らかな準備として、銀行との金利チェックを行いました。

「このような動きが続けば、当局は選択肢を排除することなく、必要な措置を取るだろう」と鈴木氏は語った。

「経済のファンダメンタルズを反映するために通貨が着実に動くことが重要です。急激な動きは望ましくありません。」

鈴木氏は、円安にはメリットとデメリットの両方があり、正しいか間違っているかを判断することはできないと述べた。

ドルは日本円に対して 0.37% 下落して 142.96 となり、日本の当局による通貨介入の憶測にわずかに助けられた。

市場の焦点は、連邦準備制度理事会、日本銀行、イングランド銀行による来週の金融政策会議です。

日本と他の先進国との間の金融政策の相違は、中央銀行が金利を引き上げ、日銀が大規模な景気刺激策を維持することで、円をさらに弱める可能性があります。

鈴木氏は、当局はインバウンド観光などの分野で円安の恩恵を最大化し、日本への旅行者を引き付けて経済を刺激するために最大限の努力をすると述べた。

政府はまた、生活費の上昇に対する円安の影響の影響を受けている人々を支援するために、的を絞った支出を伴う経済パッケージをまとめることを目指している、と彼は述べた。

READ  日本はカンボジアを支援し、政府のワクチンを提供しています