5月 24, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は、女子アジアカップ準決勝で中国との近年のノミネートを継続しようとしています。 サッカーニュース

プネ:トロットで3番目のタイトルを求めて、ホルダー 日本 元チャンピオンの中国との準決勝戦で確固たるお気に入りとしてスタートします AFC女子アジアカップ ここ木曜日に。
中国は、準々決勝でベトナムに3-1で勝利する前に、グループステージでチャイニーズタイペイとイランを4-0と7-0で破った大陸のショーピースに足を踏み入れたことはありません。
しかし、2度のディフェンディングチャンピオンである日本は、2008年以来初めて決勝に進出するチャンスを得るために、皮を剥いでプレーしなければならない中国にとって、まったく異なる対戦相手となるでしょう。
過去5回の対日会議から、中国の勝利は、ホーチミンで3-1で勝利した2008年にさかのぼります。 中国は2006年に8回目のタイトルを獲得して以来、2014年と2018年の最後の2つのエディションで3位に終わったものの、決勝に到達することはできませんでした。
一方、2011年のFIFAワールドカップ優勝者である日本は、木曜日にシブチャトラパティスポーツコンプレックスで優勝すると、3連覇を達成する3番目のチームになります。
日本のヘッドコーチ 池田太 は中国を倒すことに自信を持っており、8回の優勝者を処理するゲームプランがあると述べています。
「チャイナPRに勝つために何をしなければならないかを知っている。私たちのチームはこの大会で私たちがいる場所になるために一生懸命働いた。私たちは自分たちのパフォーマンスに注意を払わなければならない」と池田は語った。
「中国には非常に優れた選手がいます。彼らは非常に経験豊富で、チームとしてよく理解しています。しかし、私たちのゲームプランは最初に攻撃することです。中国に対してそれを行うことが重要です。」
池田は、中国を破るのは簡単ではないだろうと認めたが、彼の選手たちが提供することを完全に信じていた。
「対戦相手は非常に危険である可能性があり、空きスペースを見つける傾向のあるプレーヤーを特定しました。これらの状況を認識し、試合をコントロールするよう努める必要があります。簡単ではありませんが、明日は結果が出ると確信しています。」
中国の水青夏監督は、過去について考える意味はないと語った。
「過去は過去に残るべきだと思う。サッカーでは何でも可能であり、明日は対戦相手を打ち負かすために最善を尽くす。特に防御と攻撃を切り替えるときは、強みを発揮する」と彼女は語った。
「日本は保有率の点で良いチームです。岩渕真奈や 田中美南 危険な場合があります。 対戦相手に問題を引き起こす可能性のある選手もいます。」

READ  2021年12月25日と26日