5月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のJERA、中東の水素プロジェクトに投資へ

日本のJERA、中東の水素プロジェクトに投資へ

日本最大の電力会社であるJERAは、中東における低炭素水素とアンモニアのプロジェクトに投資し、その生産物を購入したいと考えている。

JERAはこうしたプラントへの投資部門を設立した。 同部門のオーストラリア・中東事業責任者である大山毅氏は、年間100万トンの「ブルー」アンモニアを生産できる施設は、小規模な「グリーン」水素プロジェクトと同様に魅力的なターゲットであると述べた。

生産過程で放出される二酸化炭素を回収する世界最大のブルーアンモニアプラントが中東に計画されている。 炭化水素に依存する部門は、よりクリーンな燃料への需要が高まっているにもかかわらず、石油とガスから燃料を生産し続けることができることを意味します。

日本企業は、サウジアラビアの公共投資基金およびアブダビ国営石油と、クリーンなアンモニアと水素の開発に協力するための初期契約を締結した。 同社は最近、CFインダストリーズ・ホールディングスとルイジアナ州のアンモニアプラントで協力することに合意した。

日本は純粋な水素とアンモニアの最大の購入国の一つとなることが期待されている。 JERAは温室効果ガス排出量削減を目的として、ヘギノン発電所で石炭の代替としてアンモニアの使用を試験している。

READ  日本の実質賃金は低下を続け、次期日銀議長への挑戦となる