1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のiSpaceが歴史的な初の商用月着陸船を打ち上げる | 宇宙ニュース

この探査機は、SpaceX ロケットによって個人的に資金提供されており、4 月にアトラス クレーターに着陸することを目指しています。

日本の宇宙スタートアップが、スペースXのロケットに乗って独自の着陸船を月に打ち上げました。これは、国と民間企業にとって史上初のことです。

東京を拠点とする ispace Inc の HAKUTO-R ミッションは、同社の SpaceX Falcon 9 ロケットの検査による 2 回の遅延の後、日曜日にフロリダ州ケープカナベラルから無事に打ち上げられました。

同社は、最小限の燃料を使用してお金を節約し、貨物により多くのスペースを提供するように船を設計しました。

地球から 160 万 km (100 万マイル) 離れたところを飛行し、低速で低エネルギーの経路をたどって月に戻り、4 月末までに計画的に着陸します。

対照的に、NASA のオリオン クルー カプセルとテスト ダミーは、先月月に到達するのに 5 日かかりました。 月のフライバイは、日曜日に太平洋で水しぶきで終わると予想されています。

アトラスクレーターを目指して

iSpacecraft は、NASA の小型衛星を月周回軌道に投入して、月の北東に近い領域にあるアトラス クレーターに着陸する前に、水の堆積物を探すことを目指しています。 深さ 2 km (1.2 マイル)。

M1 着陸船は、2 台のロボット ローバー、日本の JAXA 宇宙機関のオレンジ色の二輪の装置、およびドバイ王室にちなんで名付けられた Explorer Rashid と呼ばれるアラブ首長国連邦製の四輪ユニットを使用します。

また、日本に本拠を置くスパークプラグ会社NGK Spark Plug Co.が製造した実験用全固体電池も搭載されます。

米国、ロシア、中国の国家宇宙機関は、過去半世紀にわたって地球に最も近い隣国に軟着陸を達成しましたが、日本も民間企業も成功していません。

ミッションの成功は、ロシアのウクライナ侵攻を受けて中国がますます競争し、ロシアのロケットに乗るようになったときに、日本と米国の間の宇宙協力における画期的な出来事となるだろう.

政府機関は、HAKUTO-R プログラム (日本の民間伝承で月に住む白いウサギを指す) が、政府および商用ペイロードの多くの配信の最初のものになることを望んでいます。

NASA と 2025 年からペイロードを月に送る契約を結んでおり、2040 年までに恒久的に有人の月コロニーを建設することを目指しています。

iSpace ランダーは、月の北東に近い地域にあるアトラス クレーターをターゲットにします。 [File: Leonardo Fernandez Viloria/Reuters]

「ルナーエコノミーの夜明け」

日曜日はまた、1972 年 12 月 11 日にアポロ 17 号のユージン・サーナンとハリソン・シュミットが最後に月面に着陸してから 50 周年を迎えます。

NASA のアポロ号の月面撮影はすべて「技術の興奮に関するもの」だったと、Ispace の創設者兼 CEO である袴田剛氏は述べています。

現在、彼は SpaceX のローンチ Web キャストで、「これはビジネスの興奮です」と述べています。

「これは月の経済の夜明けです…月に行きましょう」と葉間田氏は語った。

リフトオフはもともと 2 週間前に予定されていましたが、追加のロケット テストのために SpaceX によって延期されました。

打ち上げから 8 分後、リサイクルされた第 1 段ブースターは、満月の下でケープカナベラルに着陸し、夜中にダブル ブームが響き渡った。

2010 年に設立された iSpace は、2018 年までに月面着陸に成功するという Google Lunar Express コンペティションのファイナリストの 1 つでした。

別のファイナリストである SpaceIL と呼ばれるイスラエルの非営利団体は、2019 年になんとか月に到達しました。 しかし、宇宙船ベレシートは穏やかに着陸する代わりに月に衝突し、破壊されました。

READ  日本の日経は3日間の下降の後に上昇します。 日本ユーセンが輝く