12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のIAEAチームは、福島の水放出の生成を支援しています

当局は、国際原子力機関のミッションが月曜日に日本に到着し、欠陥のある福島原子力発電所から海に浄化されたがまだ放射性の水を放出するために何十年も準備していると述べた。

IAEAと日本の当局者によると、3人のメンバーからなるチームは東京の当局者と会い、金曜日まで福島第一工場を訪問して専門家と技術的な詳細について話し合う。

IAEAの原子力安全防衛局の責任者であるLiddyEwardが率いるチームは、避難計画を検討するための情報を収集しています。

日本政府と工場運営者である東京電力ホールディングスは、2023年4月春に放水を開始する計画を発表しました。これにより、工場内の他の何百もの貯蔵タンクに対応できるようになります。

この考えは、漁師、住民、そして中国や韓国を含む日本の隣人から激しく反対された。

この水は、海底トンネルを通過し、沿岸発電所から約1 km(0.6マイル)の場所から排出され、大量の海水を浄化および希釈するために使用されます。

IAEA事務局長のラファエル・マリアーノ・クローチェは声明のなかで、「この機関は、水を排出するためのすべての活動が今後数十年で国際安全基準に準拠することを保証することで日本を支援する」と述べた。 彼は、委員会が「安全で透明な方法」で排水が行われることを確実にするためにIAEAレビューのタイムラインについて議論すると述べた。

日本は、国際安全保障基準の遵守を確保し、国際社会の理解を得るために、IAEAの支援を求めてきました。

2011年の大地震と津波により、福島第一工場の3基の原子炉が甚大な被害を受け、冷水が漏れました。 水は約1,000のタンクに貯蔵されており、オペレーターは来年末までに容量に達すると述べています。

日本の当局者は、植物を処分するためには水の除去が必要であり、それを海に放出することがより現実的な選択肢であると述べています。

政府と東京電力の当局者は、少量の有害なトリチウムを水から除去することはできないが、処理のために選択された他のすべての同位体を安全に減らすことができると述べています。 当局は、通常の原子力発電所からの管理されたトリチウムの放出は日常的な世界的な慣行であると言います。

別のIAEAタスクフォースは、プラントの全体的な非活性化について継続的に検査し、技術支援を提供してきました。

READ  オンラインカジノで勝つためのトップのヒント